FC2ブログ

Entries

救急番長の憂鬱劇場

20081024160713
20081024160711
あぁ、すごいことになりましたよ。

|(-_-)|
あぁ、しやごしや。

この前、理不尽についてあーだこーだ書きましたが、

やっぱりウカツな性格のたまものなんですわ、
この残念っぷり。

トホホがトホホを招き、
弱り目が祟り目を呼ぶ…

先週、なんともいいがたい大惨事に見舞われまして。

自転車でハンドル斬りそこねて、
なんと、流血の救急車騒ぎに。

手術をして、今週は安静にしております…(;_;)

これがまた、
自動車にぶつかったりもしておらず、

壁に衝突もしておらず、

スピードも出しておらず、

私の私による私のみの、
完璧な自己完結型の事故なのですよねー…

一漕ぎ、
二漕ぎ、
三漕ぎ目くらい…

よせばいいのに防犯ゴコロから、
かばんのファスナーを閉めようと、かごに手を伸ばしてしまったのです。

センターに重心あるとバランスとれないんですね!
自転車って、勝手に進むんですね!!

けっこう軽いかんじでクラッシュ!

いやぁ、あんなに血が出るとは、参りました(>_<)

ほんと参りました!

実は私、交通事故も三回あっていて、
救急車も六度目なのです。

家に電話しても

「どうして、次から次へとこんなに人のしないことばかりするのーっ!?」

と烈しく嘆かれ、

いやいや、こっちが聞きたいくらいのあり得ない展開なんですが、

でも、ほんとにえらい目にあいました(>_<)

翌日は奇しくも、バニラの秋の大運動会の予定だったのに(T_T)

借り物競争のひき札や
キャタピラーも用意してあったのに…

よりによってな自分の不注意さが悔しゅうて、悔しゅうて。

なんか全然楽しくない話でスミマセン(>_<)

来週位までは痛みもあるようで、
連日モンポウとしっぽりやっています…

皆様もお気を付けあそばせよ~(;^_^A

理不尽ダイアリー

20081015153638
なぜこんな目に…

「意味もなく
 いわれのない
 砂を噛むような想い」

…を味わう機会があんまりない人



そんな理不尽をジャリジャリ噛みしめながら、
首をかしげつつ生きてゆく人。

人生にはそんなおおまかなふたつのカテゴリーが存在すると、
私は思うのです。

このグループ編成
神はどう振り分けているのでしょうか?

そしてわたくしは残念なチームの方にばっちり所属しているようです。

多分、この人生
人より余分に怒られている。

まぁ、それはそうだろうと自覚はあるが、
いや、自分の非を差し引いて、
多分、余分に怒られていると。

特に電車内。
あの理不尽空間よ。

腑に落ちなさの枚挙にいとまなし。

度々、見ず知らずの乗客から

「この満員電車の犯人はお前かーッ!」

とでもいうような怨みの三白眼で射抜かれるのですが、
あちらさんもあんな忌々しい顔を、まんべんなくは見せていないと思うのです。

(__;)あきらかに選ばれてる感じ?

通話もしてないのに
「あんた、朝からチャラチャラ携帯持ってんじゃないわよ!」とメイクアップおばちゃんに恫喝されたり

咳をしたらおじさんに「降りろ!」と凄まれたり…

隣で立ったまま寝ていたOLさんが、
ガクッと揺れて私の足を踏み
「痛い!」と叫ばれたことも。

あれッ(*_*)

まわりからは私が踏んだように見えてる構図。

私の指がじんじんしてるのは、
二人だけの秘密…?

あれ?( -_-)

なんでこんなことを書き出したかというと、

今日またそんなウソーン!な想いに包まれたのです。

駅からの帰り道、

ワオ!と飛び出る感じで、
後ろからガツンとアキレス界隈に衝撃が。

靴が半脱げになり、思わず振り向くと

(言わせて下さい)しょうもないカップルが。

ギャル
「今、あの人の足踏んじゃったー」
とカレに耳打ち。

ピンクのパーカー男子
頭をなでながら
「バカダナー」

ふェ~?

きつねにつままれちゃうし、不思議に包まれちゃう!

このぼんくらTWOヤング、どう思います!?と伊武雅刀をけしかけたい!!

ありがとうとごめんなさいは基本ですよねっ?ねっ?ご老公!!

↑なんの因果か八兵衛気分!

そう、前にも新宿駅のホームでこんなことが。

お仕事関係の電話をしていたら
ぐわし、と肩をつかまれて。

ヤバいテンションの見知らぬ国のトリッパー。

チェックのシャツをジーパンにインして、大きなリュックをしょった山男風情です。

「電車に乗ったら、携帯切れよ!」

「その携帯切るんだろうな!?」

とすごい剣幕。

入ってきた電車に

「(οдО;)乗るのか、乗らないのか!?」

とねじり寄られ、

反対方面だったので
「(>_<)乗りません!」と返すと

彼は慌てて駆け込み乗車〓!

特大リュックが盛大にドアに挟まれ、
駅員に注意を受けていました(;'_'A

そして
万感の想いを乗せて列車は往き―

突然の幕切れに、意に反して取り残された風!

全く、袖ふれただけの後始末とか、ないのかしら~。

このまとまりもおさまりもない、
手のひらサイズの気持ちは何処へ…

PS.気を取り直して
金木犀の木の下をパチり。
道があかるんで、薫りを散り敷いて、
この季節の散歩は立ち止まりたくなる場所がいっぱいです。

三缶王

20080509100836
20080509100833
ゆうべ、ホットのお茶を買いたくて、自販機めぐり。

5月、
もう、ほとんどが「冷た~い」に切り替えになってしまって、
なかなか「あったか~い」にめぐりあえません。


でも、真夏でも、
お茶と珈琲はホット枠、
必要なんじゃないかと思うんです!


真夏だからって冷やご飯、食べなかろ!

それ論でいくと、
1割は「あったか~い」を残してほしい所存です( ̄^ ̄)

そして、ぐるぐるまわって、
やっと駅のホームで出会ったホット缶!


結局、ミルクティーと珈琲しかなかったのですが、
(>_<)もうなんでもいいー!紅茶ー!
とボタンを押したところ。

勇みすぎて、
一段下のアイスティーを押してしまい、Σ( ̄□ ̄;)
自分にブーイング!


あきらめきれず、
もう一度チャレンジしたら、

なんと今度は財布の角があらぬボタンを押してしまい、
よりによってペプシコーラが出てきてしまい、
ショッキング!


無駄死にのまま、終わっていいのか

愚かなる自分自身とミーティング!



ホットを求める心ピーク、再度チャレンジ。


ところが、
今度はホットミルクティーのボタンを押しているのに、無反応!

なぜに?!(フリオ・イグレシアス!)

売り切れマークはナッシング!(エドはるみ!)


納得いかないまま、
ホット珈琲をやっと手に入れましたが、

かばんの中で冷た~い!が
ゴロンゴロンしてました

o( ̄ ^  ̄ o)重い!!


さえない話です。

脈絡ない写真は福島おみや。

キャッチコピーが秀逸で、
「うなずきつかれたら、クッキーで一休み…」

誰の立ち位置で云ってるのかしらー。

ちょっとおもしろなモンポウ写真も、添えときます。

カメラ日照り

20080403101021
20080403101019


あー。カメラがないことで、本当に味気ない日々!

花も盛りというのに!

去年、一眼レフを買ってから、とっても依存してたんだな、と思います。

といっても、メカ音痴のド・素人ですから、

好き勝手にシャッター押すだけで、
そのくせ、取り扱い説明書を開きもしない、
めっぽう当てずっぽうな楽しみ方でしたが。

ちょっと詳しい同級生にいじってもらって、
「えー、こんな画面はじめて見た~(o‘∀‘o)」
と言ったら

「あり得ない( ̄□ ̄;)これメニュー画面だよ!」

とびっくりされました。


でもカメラって、
瞬間の構図やなんというかバランスだと自分なりに解釈してるので、
すべて、お利口なオートマカメラの性能に任せるに越したことないでしょう!

更に、デジカメは10枚撮って、
一枚のお気に入りを残して
後は消せるって気楽さがまたいい。


このブログの写真は全部携帯で撮っています。

今回は桜もいいけど、雪柳もね!
と、おじいさんみたいな顔したモンポウ(^-^)

明日は夙川の桜もうまく映せるとよいなぁ。

ともっぽさん、開花情報ありがとうございました。

レスのつけ方がわからず、のまどさん、コメントありがとうー!

明石にあるショップ、ノマドさんも、バニラチェアの卒業生。

住宅街の中にある、
落ち着いた雰囲気の素敵なお店ですよ(*^_^*)

お近くの方、ぜひ!ぜひ!

どっきりカメラ

わー!

わー!

わー!

( ̄□ ̄;)!!

さっき、さっき、なんとカメラをトイレに落としてしまいました!

一眼レフデジカメです!

まさにどっきりカメラ!

ショックで前頭葉が白髪になりそぅ!

あほです!

泣きたい!

この間も飲んでたペットボトルのふた、してあると思いこんで、かばんに投げ込んでいて、上島珈琲の椅子から床から、ビッしょびしょにしたばかり!!

ズバリ、水難の相?!

自分が信じられない、めちゃくちゃに泣いてしまいたい゜。(p>∧<q)。゜゜

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索