Entries

ポップコーン畑でつかまえて







先日、撮影で
ポップコーンを使ってのスタイリングがあり、
糸を通してみたら、


あ、意外と。

縫えるもんなんだ、ポップコーン。



割れたのは随時くちに運び(笑)


生粋の甘党なので
しょっぱいおやつ、
スナック類に全然興味がないわたし。

ポップコーンも数年に一度くらいしか
食べないのですが
おいしいもんですね♪


kodomoeの次号で
ポップコーンのガーランドと
子供モデル翼くんの
かわゆい絡みをごらんください!



子供モデルちゃんといえば
kodomoe連載ページで
翼くんと並んで
いつも登場してくれている
あかりちゃん。


日本一かわいい6歳で
このまえテレビに出ていたそう!


メジャー枠
行列のできる法律相談所。




そうか。

かわいいかわいいと思っていたが


日本一かわいいんだから
そりゃーかわいいはずです。


なに着せても
全方位、
どんな角度のどんな表情も
完璧なのです。



一度、美形すぎて
わざとそばかすメイクにして、

おてんばいたずらだいすき

なやんちゃフレーバーを
さしこんでみましたが

身の毛もよだつかわいさに仕上がり
どう転んでも
満点しか出ない逸材なのです。


ぶれても半目でも
あの奇跡の素材を
そこなうことはできないでしょう。



わたしがかかわる撮影現場は

子供かぬいぐるみか雑貨相手なので

毎度眼福(*´∀`)


かわいいものを
もっとかわいくするためのあれこれって
しあわせなお仕事です。



※さて
ここからはみだします。


ポップコーン畑でつかまえて

はおニャン子のアルバム曲。


セミロングのういういしい満里奈が
初デートへの憧憬を
つたなく歌う良曲。


なにがおすすめって
満里奈のバックで踊る
斎藤満喜子と貝瀬典子がいい~!

その振り付けがいい~!!



満里奈の後ろから
左右に顔をだし、
こちらに手を振る学芸会っぷり。


満里奈が
後にちらつかせる狡猾さも
まだ感じられない
きよらかちいぱっぱなユニットです。



2丁目で一度
満里奈役で踊らせてもらったのが
いい思い出です(追憶)



お客様から
このごろアイドルネタが少ない
と言われたので。


こっそりつぶやいてみました。

しゃべりだしたら
ふたが利かなくなるので(笑)


ポップコーン縫いとめながら
おニャン子に想いを馳せるわたしなのでした。。。
スポンサーサイト

昭和強化月間~宝石箱~






阿波おどりが終わって
高円寺も秋へシフトしていってる感じです。


恒例の綿菓子で、我々も燃えつきました(笑)

ご来店頂いたみなさま、
ありがとうございました。


今回のブログは、
私の趣味にひたすら向き合う内容となっております。


昭和強化月間といっておきながら、
8月が終わってまうので、
あわててアップします。

といっても、
毎月、いいえ、毎日が、
あの頃のまま、
私のハートはストップモーション。

昭和の86年辺りで止まっています。


よく、昭和歌謡を懐メロ、と言いますが
私にとっては、懐かしくもなんともないのです。

毎日のように
おニャン子や島田奈美や畠田理恵を聴いている女には。

伊代ちゃんちえみちゃんを
30年聴き続けている女には。


あいだ空かしたことがないので、
懐かしむという感覚がなく、
心のまん真ん中に昭和歌謡が
たおやかに流れ続けているのです。


先月、川越美和のブームが
自分のなかだけでそっと訪れて
それはむしろ、懐メロじゃなく、
新曲って感じでした。


そんな私がずっと気になっていた喫茶店がありました。

喫茶宝石箱。


ピンクレディがコマーシャルに出ていた
アイスクリーム『宝石箱』
覚えていらっしゃいますか?


大人っぽい漆黒の箱にバニラアイス、
そこにちりばめられた
クラッシュしたフルーツ味の氷がキラメク…


小学生の頃流行ったんですよね。

コマーシャルソングはピンクレディーの『キャッチリップ』

ああ、つめたいやけどもー
ああ、あるもーのよー♪

女児からしたら
ちょっと特別な感じの、
ワンランク上のアイスでした。


そのアイスを食べさせる店があると。

そこには、昭和の時間が流れていると。


明星、平凡はもちろん、
オリーブやマイバースデーや、
当時の手芸本などもあるらしい!


千歳烏山にあるという『宝石箱』

ついに夢かなって、行ってきました!


ちょうちょのおさじのあやこちゃん夫婦と
よりによってなゲリラ豪雨の日に。


大きなピンクレディーのポスターが迎えてくれる店内には
沢山のブロマイドがずらり。

善き時代の顔ぶれが並んでいるのを見ると
ただただお礼が言いたくなります。


ジュリー、キャンディーズ、
マッチや聖子ちゃんに紛れて、
柳沢慎吾が数枚(笑)


ちょこっとしたレトロな小物もお買い物できます。


壁にはクドカンご一行、みたいな面々のサイン色紙が。

山崎トオルちゃんが、すてきなお店ね!
とひとこと添えてました。


私が感動したのは、その蔵書群です!

美内すずえセンセが珍しく
『なかよし』に書き下ろした
『妖鬼妃伝』

歴史ロマン調恐怖漫画でした。


地下鉄と百貨店を舞台に
雛人形が怨みの形相で執拗に迫り来る

そんな内容だったような。


小学生の頃、新宿近くに住んでいたので
京王線で京王デパートに遊びに行ったものでした。

この漫画はそのテリトリーとリンクして
私のシンのゾウを震え上がらせたものです。

また、いがらしゆみこセンセの
『まみむめ見太郎』


こここ、これはこれは。

悶絶するほど懐かしい!
(気絶するほど悩ましい風)


たしかまみちゃんとむめちゃんという
双子のかわいこちゃんが主役。

そこにブラのサイズをあてれるとかなんとか、
弓月光的な特技をもつ男の子・見太郎との三角関係だったような。


これはなかよしの付録コミックでしたよね?
と、同世代のみに投げ掛けてみる。


35年ぶりくらいに見ても
覚えているものですね。


昔は、次の号がでるまで、
雑誌も漫画も繰り返し読んだものです。

伊代ちゃんのように読み捨てたりはしなかったわ。

小学生時代は特に、
おこづかいの半分をつぎ込んで買った一冊に
愛も情もこもるってもんです。


私は『なかよし』派だったので、
この2冊にメラメラしちゃいました。


中学になって、買い始めた明星は、
今でも歌本が手元にあるのですが、
平凡のほうはあんまり読んでなかったので、
丁寧にじっくり読みました。


昔はアイドルのスケジュールも
(どこまでほんとか知りませんが)
おおっぴらだったんですね~


いやいや
少年隊のデビュー前は
中村繁之がこんなに忙しかったとは。

感慨深い。


降りしきる雨のなか、
3人で貸切状態の喫茶室は
まさに夢の図書館。

貴重な資料を黙々とアサリ続けるのでした。


ほかにも、ミニレディー百科が揃っていて
望郷にちかい想いで
溺れそうになりました。


先程紹介したアイスクリームの宝石箱は
メーカーさんで復刻が終了して、
もうメニューにはないそう(。>д<)

残念!


色んなお菓子が復刻しているので
宝石箱もキャデリーヌとかもお願いします!


雨上がり、傘を閉じるように
昭和の記憶を畳んでの、帰り道。

広告や流行歌、
なにげなく触れてきたものたちが、
心のなかで動かしがたい層を作っていくんですよねえ。



流行りすたりも愛でたくなります。


人生の半分が昭和だったけれど、
平成に追い抜かされてきた2013年です。

でも私はこってりと平和で良心的な
昭和生まれを誇りに生きていく。


やっぱり伊代ちゃん




11月4日。イイヨの日。

松本伊代ちゃんのコンサートに行ってきました♪


あ、今回のblogは、
完全にバニラチェアと関係ないネタです、
すみません。

さあ、
ご興味あるかたは、どうぞガッツリ読み進めてくださいませ。


昭和で心の時計をとめたわたし。
本命はもちろんちえみちゃん、なんですが、
キョンキョン、伊代ちゃん、明菜ちゃん、
シブがき、早見優、秀美ちゃん…と
花の82年デビュー組は、
わたしの今なおたぎるアイドル熱に本格的に火をつけた、
原点の皆さんなんです。


伊代ちゃんもすきなんですね、
と言われましたが、
あの頃の皆さんが時代ごとすきです!

伊代ちゃんも全アルバム持ってるし…f(^_^)


伊代ちゃんについては、
前もかなりのボリュームで書き連ねましたが

伊代ちゃんはほんとアイドル優等生なんですよ!


声が独特なだけで、ヘタッピ~のカテゴリーにわけられがちですが、

ほんと歌うまいんですよ~!!

色んな曲調をモノにして
すごく表現力あるし、
更に、天性のリズム感もあって、
そつなく難易度高い振り付けもこなすあの器用さ。
ちえみちゃんにもわけてあげたい!

(わたしは、それでも、
真剣にドタバタダンスをする
けなげなちえみちゃんが好きなんですけど)



今回のコンサートは、
なんと友人が整理番号、1から4番をひきあてたので、
ひとつき前から、ものすごいテンションで待ち望んでいました!

どう転んでも最前列!

1~4イーヨにちなんでらっしゃるし!
♪ヽ(´▽`)/


整理番号順に入って、席をとれるので、
最前列のどまんなかで、伊代ちゃんが見れる!
と、思えば、こちらもそれなりの心づもりがありますよ。


伊代ちゃんのバックダンサー、
キャプテンも復帰するとのことで、
YouTubeで振り付け動画が公開されていたので、

わたしは、伊代ちゃんの右側に立つ
キャプテンの清子さんを完コピする目標を設定しました(笑)


同伴者には、日頃、キャリアさん、とお慕いする
輝ける伊代ちゃん担当ダンサーがいて、
彼のクオリティが半端ないので、
私も毎朝毎晩、自主練に余念がありませんでした。


センチメンタル・ジャーニーは、
伊代ちゃん本人の振り付けは頭と体にしみついてますが、
キャプテンのバージョンは伊代ちゃんと違う動きもあり、
なかなかちょこまかしく、難しかったです。


仕事の合間合間、
人のいないホームなんかでは、
ステップをおさらいしたり、
かくし芸収録を控えたタレント気分を味わいました(笑)

こんなことだけ真面目に取り組む私をお許しください。


会場は、プリンスホテルのステラボール。

往年の親衛隊の皆様が、
はちまきをつけて大集結☆

女子の応援隊も結構いました。

心が女子の応援隊はもっといました。


整理番号の通りに案内され、
ほんとに真ん前のど真ん中をGET!
(;_q)幸せすぎます!



親衛隊の方からコール表まで分けていただき、
会場は熱気に包まれました!


伊代ちゃん、
何回か生で見たことありますが、
ほんとに華奢で、子猫みたいなんですよ!


ふわっふわの羽の衣装で登場した伊代ちゃんは、
可愛すぎるし、
現役当時より、歌唱力に磨きがかかり、
キャプテンと息のあった振り付けも
みごとに30年前を再現してくれて、

めちゃめちゃ!よいライブでした!


30周年にちなんで
30曲も歌ってくれて、
最後まで息も切れず、

声も伸びがあり、安定感もあり、
バラードも引き込まれてしまいましたよ。

歌手としての伊代ちゃんを、
もっと知ってほしい~(>_<)


伊代ちゃんともキャプテンとも、
手のひらをタッチできたり、
伊代ちゃんは何度となく目を合わせてにっこりしてくれて、
夢のような夜でした!


アンコールでは、
ヒロミが伊代ちゃんと同じ衣装でサプライズ登場。



写真一枚目は伊代ちゃんのblogからなんですが、
伊代ちゃんとヒロミのちょうど真ん中に、
なんとあたくしが写ってます~( ̄∇ ̄*)ゞ


伊代ちゃんのプライベートを知る方から聞くと、
ほんとに普段はよいママなんですって。


息子さんの学校行事や習い事のお当番とかも
普通のおかあさん以上にちゃんとされてるよって。


パパ、ママ、と呼びあう二人が、
仲良しなのが、ほんとに伝わってきて、
伊代ちゃんを幸せにしてくれてありがとうと思いました。


そして、なんと、
わたし、もしかして来てるのでは、と念をかけていましたが、

いた!

二階席にはちえみちゃんの姿が!
(><*)ノ~~~~~
ぎゃー!

遠くから見てもなんつうかわいさなんでしょう…


伊代ちゃんごめんと思うほど、
気づいてからは
ちえみちゃんが気になってしまいました(笑)


この前、キョンキョンがSONGSに出て、
30年前のヒットメドレーを歌ってくれたとき、

時代時代に限られた人がアイドルという席に座ることができて、
自分に青春を捧げてくれた人たちに対して、
責任があると思っている、

というようなコメントをされていて。


わたしも、その逆に、
お礼を言いたい気持ちです。
夢中にさせてくれてありがとうと。


あの頃の自分の初恋やら学生生活に
当時の音楽がものすごく色濃く一体化していて。

ちえみちゃんの、伊代ちゃんの、キョンキョンのアルバムに、
どれだけ心象を投影したことか。

いろんな思い出が、
ヒット曲とセットになっています。


30年前に大好きだったアイドルに、
ほんとに感謝してるんですよ。

ぼろぼろになるまで読み込んだ
すべてのヤンソンに。

ほんとにほんとにお世話になりました。

ずっとやっぱり大好きです。

すてきな時代をありがとう。

Gジャンブルース



バニラチェア、お店は既にマフラー祭り。

秋物ジャンジャン入荷です。
si-si-siの定番Gジャンも、
入ってきましたよ~。


ダメージのないインディゴのマットな色味が
カジュアル過ぎず、
女子度の高い一枚です。


ラグランの切り替えなので、
アームゆったり。

コンパクトに見えるのに、
めちゃめちゃ着やすいサイズ感なのです。


ポケットのデティールや、
フロントステッチ、
後ろのすそに、ヌメ皮のタグもあしらってあります。
随所がかわいい!


13125円と、お手頃で、
秋からのサマータイムに大活躍してくれそう。


ワンピに合わせて、
桃子(ハイティーン・ブギ)を気取るもよし、
(そんな人いないか)

タートルとサブリナ、パールネックレスで、
吉田まゆみっぽく着こなしても!
(いま尚、有りかと…)


最終的に脱線してすみません、

ここから坂を転がるかのように
更に脱線していきます。


Gジャンブルース(シブがき隊)
というタイトルからもお察しの通り、
昭和のことでまだ頭がいっぱいのわたしです。


見ない日はないYouTubeなんですが、
Gジャンブルースで検索すると、
ちょっと捨て置けない動画があって、

いい感じのシブがきスペシャルなのに

途中からバーター?の少年忍者と
若かりし松下由樹が、
ところ狭しと踊りまくり、
しまいにはMALTA のサックス乱入、

シブがきが舞台のすみに追いやられる
という(笑)


フッくんがセンターというのも
見物です。

エアギターがいかしてます。


安野モヨコさんが、
シブがきをBGMにすると
仕事の効率アップする、
と書かれてるのを見たことがあります。

わかる!

軽く意味なくおめでたく…

キャッチーを詰め込んだ
森雪之丞のアホアホ踏音パラダイスに
脳が解放されるんでしょうね~☆


スットンキョウなフッくんのボーカルも
よいアクセントになってます♪


私は、飛んで火に入る夏の令嬢、がすきです。
もう、いいか…
このへんで切り上げます…('ε'*)

夕焼けグルービー






このまえの台風の翌日、
モンポ散歩の道中、
とんでもない夕焼けに遭遇しました。


異常気象のあとの、やはり異常な夕映え。

(すみません、
異常気象、割とすきなんです、危険のない程度のものならば)


なんという色!
なんという層!


燃え~(* ̄。 ̄*)

…と、燃ゆる空に萌え違いの私。


ちりぢりの雲に、
えもいわれぬ茜とにび色が、
刻々と移ろう光をたくわえて

美しすぎる…


「ちょっとモンポちゃん!いらっしゃい!!」


胸を突き上げてくる感嘆符に従い、
高台へ駆け出しました。

ともかく陽の落ちる方角から、目が離せません。


木々と街のシルエットが、
みるみるうちに絵画的な眺めとなって、
どの曲がり角も、素敵な構図でむかえてくれます。


その影絵の美しさにとりつかれ、
痴れた感じで、うろつきまわっていました。


個人的には、
夕景色には電線は欠かせないと思っているので、

この頃、電柱を無くして、
街灯の配線なども地下化する工事を見掛けるのですが、

「じゃあ、夕焼け見るときどうするの!?」

と、本気で思ってしまいます。


あの街を繋ぎ、影を結ぶあやとりみたいな、
電線のラインが、夕暮れからいつか無くなってしまったら寂しい…


学生の頃から、夕焼けウォッチャーの私には、
スクリーンに配された叙情的な曲線に思えてなりません。



ここから、おもいッきし余談に入りますが、
私がおすすめするアイドル歌謡夕暮れ三部作♪

(ブログをサボらないようにするため、偏り三昧、書きたいことを書いていくようにしようかな、と^_^;)


お付き合い頂ける方はどぅぞ、読みすすめてくださいませ。



一曲目は
「夕暮れ物語」伊藤つかさ


イントロのピアノから切ない!
細いボーカルがいじらしい!


夕暮れこみち坂道帰りましょう
どこからか私のあとをついて来た子犬
しっぽを振って お前のうちはどこかしら


語りかけるような歌唱にドンピシャの

童謡調の歌詞。

登場人物と絡むのが子犬とはまた、
あざといほどに、完璧な取り合わせ…


当時の伊藤つかさの可憐さたるや、
ただごとではありませんでしたから!

八重歯とハイソックスと子犬…
…うむ、申し分ない(…誰目線?)


サビでにわかにメロディが明るくなるところが、
私的にはいまいちなんですが、
まぁるく歌い上げるファルセットが
なんとも危なっかしくて、たまりません。

百点満点のいい音痴です。

(音痴と言われていますが、伊藤つかさ、
味わい深さから言ったら、当方の最高峰)


二曲目はこちら。
「夕暮れ気分」堀ちえみ

すっかりカミングアウトしてますが、
私はデビュー時から現在進行形のちえみちゃんファン。


この地味ともとれそうな、ピュアな等身大な楽曲をシングルにもってきた、
ちえみちゃんの運営陣の切り口は、
とっても良かったと思っております(誰目線?)


小石がオレンジに染まるほど暮れてゆく

の歌い出しから、まさにあざやかすぎる投石!

放課後の胸のうちに、波紋が広がることうけあい。


付き合いだしたけど
片想いみたいなの


電話がチリリとも鳴らないとつまらない、
今頃は寝転んでテレビを見てるかな


と続く二番の歌詞も、当時の学生目線で、
リアルな感じです。

この男の子は間違いなく、カックラキンを見ていることでしょう。


ああ、心は夕暮れ、
と、サビでひたむきに、
まっすぐなボーカルを聴かせてくれるちえみちゃん。

(このあとポリープを患うので、あどけない声質を楽しめるのはこの曲まで)

スチュワーデス物語効果もあり、
曲もヒットしていくのですが、
少女路線からみるみる外れていくので、
ロリコンの私には、この曲くらいの設定が好ましいです。


これをフリフリ衣装じゃなく、
チェックのブレザーとベレーで歌うのがまたオツでしたなあ。


伊藤つかさの先程の曲と、曲の色調や世界観がかぶるところもありますが、
憧れを歌い初めるつかさちゃんと、
ちえみちゃんのこの曲は初恋のたちゆかなさを、
それぞれ表現していてすばらしい。



三曲目は
「永遠のたそがれ」斉藤由貴


これは彼女のアルバムの中の曲ですが

夕暮れの屋上で、
ウォークマンでひゃくまんかい聴いたかと思う程のイチオシです。


歌詞はもちろん、メロディももちろん、
歌い回しもアレンジも全て含めて、
曲の単位で、
とっぷりとぼわあん…と夕暮れらしい。


手をかざしたら色づきそう。


ぼんやりした深い吐息のような、音の滲み方。
微熱の中で、夢の中で、観念的に描く夕暮れって、
きっとこんなふうです。


色や温度、重たい湿度なんかを感じる曲って、あんまりないのですが、
斉藤由貴のアルバムにはいくつも、
この五感に響いてくるような良曲がそろっています。


特に二枚目三枚目四枚目あたりのアルバムが、ともかくハイレベルでして、
自作詞も名曲だらけ。

アイドル侮ることなかれ。

このまとめようもない夕暮れの気配を、
見事な数分間の結晶に仕立てた傑作ですので、
機会がありましたら、聴いてみてくださいね。


あ~、語った語った。
趣味の話は尽きませんね…(。_。)


次はバニラの話を…(笑)

アイドルにまつわるエトセトラ



先日の文化の日。


私は、前の日から、がっつり仕事で、


丹波屋さん創業祭用ディスプレイのあと→

バニラで3日から始まる
Cotylifereさんの個展準備をしたあと更に→

10時からオールナイトで
新宿二丁目のアイドルナイトに完全参加した挙げ句に→

そのまま、早朝、
丹波屋創業祭へと直行…


電車では寝たものの、
木曜ドラマ「蜜の味」まで
普通に起きていられました(・・)


なんでしょう、瞳孔開いてたのか、
ドーピング等しておりません…


ブログの更新がますます遅い、と
友達に言われたので

だからって
気が向くように
すきな女の話でも書くことにします(笑)


バニラチェアの情報とかけはなれますので
わたくしのマニアックなアイドル話に
お付き合いいただける方は、
どうぞ読みすすめてくださいね。


挙げ損ねたアイドルネタがいくつもあるので
しょうもない回想を交えて
好きに語ります。


先日、9月20日は、
80年代で心の秒針を止めた私の愛してやまない
おニャン子の解散記念の日でした。


毎年、代々木公園で、
ファンによる解散フィルムコンサートが行われているのですが、
今年も出向いてみました。

アイドルメイトのトミーさんと同伴。


トミーさんは、いつもアイドルEVENTでゆうゆ担当なのですが、

おニャン子に限らず、
大層キレのあるダンスで、
郁恵からピンクレディから明菜ちゃんから安室ちゃんから、大西結花までをこなす
振りコピ四天王のお一人。

(大西結花でしめくくるとなんか狭いような…?)


あれだけビシッと踊れて
ダンサーが生業じゃないなんて。


パフォーマーとして魅せたい放題のトミーさんですが、
つるんとした童顔がまた愛らしい~(´∀`)


黒目がちハンターの私を駆り立てる面差しなのです。

ちょっと自分のイラストみたい、と思う位の
小動物系まんまる目。



そんなトミーさんと連れ添い
天使のボディーガード気分で、
雨の中、会場渋谷BOXへと向かいました。


着いた時ちょうど開始直後、といったところ。


熱烈な有志のファンの企画なので
おニャン子本体とは絡んでいないイベントとはいえ、
すごい盛り上がり↑↑↑です!


今年は初めての屋内開催でしたが、
あら、踊るスペースないじゃない?位の賑わい。


ここに来ること自体、
自分含め、よほどの好き者なんですけど、

会員番号19番ゆうゆのファンは
今尚熱かった…!!


ゆうゆコールひときわ盛大でした。


私は18番永田ルリ子、
トミーさんは25番吉沢秋絵のファンで、
お互い、
そこ行く?と微妙に相容れない嗜好はあるものの、

あの浅野忠信も
当時、秋絵の出待ちをしていたというから、
あのみんなと遅れるワンテンポには、
マニアには捨ておけない魅力があるのだろう…


私は基本的に
もっちりとはちきれそうなお芋系が好みなので、
永田ルリ子の人懐っこい笑顔が、
どう見ても可愛いのだった。


ちょっとそれますが、
大人数が画面に映った時、
瞬時に反応する
自分の好きな顔立ちセンサーというものがあって

えっ、今のかわいこちゃん誰(?_?)
とひっかかってくるのは
決まって

ちえみちゃん、永田ルリ子、宮崎美子なのです。

(つぶらで、あんまりクールな要素のない皆さん)


今世紀のアイドルも嫌いじゃないクチですが、
同じ秋元がしかけたAKBにまだ興味が持てない私。


おニャン子の方が圧倒的に粒ぞろいじゃないですか?
(私目線では…)


あの時期のダブル渡辺なんて
非の打ち所がない。

満里奈の完成度、
どこに出しても恥ずかしくないですわ~(´∀`)


(でも私は永田派)


お遊戯感覚とはいえ
ファイナルコンサートは
毎回、エンディングに向かうにつれ、
涙がこみあげる臨場感があり、

メンバーの表情にもれなくもらい泣き。


トミーさんが数年前の
私の9/20おニャン子ブログを見て

国生の言ってることがまとまってない(笑)

と書いてたらしいのですが、

今年見返したMCも
改めて、とっちらかってました(笑)


そんなまだまだ初々しい国生の名台詞

「みんなが作ったおニャン子クラブ
みんなが大好きだったおニャン子クラブ」

シーンが
コンサート映像のラストにも編集されて

会場は拍手喝采でしたが

その時。


バレンタイン・キッスのイントロが流れて

会場一瞬、
?????


そしてまさかの!


なんと本物の国生が舞台に登場!!

(m'□'m)


生国生が!
上から読んでも下から読んでも
きゃー!!


嘘でしょ嘘でしょ嘘でしょ


トミーさんと手を取り合い、
予期せぬサプライズに、
きゃーきゃー、十回はシャウトしたかも。


正直、アイドル特番に出まくりで
ありがたみの薄い国生に
思い入れのなかった私でも、

生のありがたさは半端ないですね!!


半端なおっかけ、もうしないで、と言われたら、
ハイもうしません(>_<)とついていきたくなるような姐御力。


みんな毎年ありがとね~、と手を振る国生が
今もおニャン子時代を肯定し、
愛してくれてるのが判ります。


このイベント自体、無料なので、
多分、ノーギャラ?なのでは…


まさかメンバーが来るとは、
期待もしていませんでした。


ありがとう、国生!
忙しいのに、自ら思い出に立ち会ってくれて!

シャラララ、そんな気分。


解散コンサートを見た後の国生は、
やっぱり本体の人気メンで、
ゲストとして大物過ぎて、感動でした。


あー!今年来て良かったー(>_<)


サバサバしたサービス精神あふれるトークに
ちょっとファンになってしまいましたよ!


そのあと、国生が引っ込んだら、
今度は会員番号48番、我妻が!


え゛ーーーーーッ( ̄□ ̄;)!!


こちらはほとんどお姿を見ることもない後期メン。
可愛い~!レアすぎる!


またまたトミーさんと手を取り合い、
喜びを確かめあうのでした。


このビッグネーム(なの!)に、
心が揺れて、
年末に名古屋である、
国生と新田のディナーショーに
とっても行ってみたい気持ちです…


でも、どう転んでも、
歌を聴きたいタイプにあらずの二人で^ロ^;
名古屋まで、とはちょっといかがなものか…

こんなことで迷ってる私に

友達えり子ちゃんは

あいかわらず
同世代の中で、
まえちゃんの悩みのレベルが一番くだらない

と、呆れ笑うのでした…(;^_^A


だって生まれて初めて行くディナーショー、
国生って、ちょっと面白くもある…☆


長々語ってすみませんでした、
アイドルナイトについてはまた後日!

また書くつもり↑(^m^)

先週のシンフォニー



サボりまくりのブログ、
先週を振り返ってお届けします
タイトルはキャンディーズ風に…


ちえみちゃんライブの報告すら
なかなか更新できなくて

すみません…
(求められた覚えも特にないのですが…^ロ^;)



モンポウ雪だるま画像が好評すぎて
長らくそのままにしてました(親馬鹿☆彡)


そう、バレンタインは母の誕生日でしたので、
(のりピーもね)

ケーキを焼いてチョコデコレーション(*^_^*)


バニラで売っている
レンジでチンするチョコフォンデュが
今年も大活躍でした。


莓が簡単にコーティングできておいしい!!


パリパリっとした食感が
お手軽に楽しめて
おすすめです。


アイスのチョコチップみたいに
スポンジやクリームと
時間差で訪れる甘いくちどけに
長くスウィーツと向き合える…
そんな気がして―(´∀`)


さて・ちえみちゃんライブ
素晴らしい盛り上がりでした♪


私の席は前から4列目☆


このマニアックな集いにて
前の方の席をひきあてる面々は(自分含め)
濃厚なキャラクターフェスティバル!


元親衛隊のCMI(ちえみめちゃんこ命)の方々や

関西のアイドルナイト的EVENTをされてる
徹底的なコスプレの方、

2列目にはクリス松村もいたみたいでした(^m^)


ちえみちゃん、
ウィッグをつけて
白いパンツスーツで登場!


む・むちゃくちゃかわいい(>_<)


あのもぎたてのえくぼの秘密を
教えてほしい!!!


む~~~…
なんてむちむちしてるんだろう…(´∀`)


脚とか本当に折れそうに細いし
顔もちいさーいし
全体的に華奢なのに


なぜか子豚のようにかわいいの…


(これ褒めてます!)


転がるようなパフォーマンス
目が離せない…


着地点のわからないヒヤヒヤするMCも
気が気じゃなくて
目が離せない…


私にとってのちえみちゃんの魅力は

どこか垢抜けないところ。


ダンスもステップも
なんだかドタバタしています。


いくつになっても健気な横顔…


(これ全て褒めてます!)


すぐ感無量になって、
胸一杯の気持ちをそのまま表情に出すちえみちゃん

そういう人間らしいところも
すきなのです。


ちえみちゃんは当時の歌番組でも
ほんとよく泣いていました。


そのたびもらい泣きしていた私…


あのつぶらな瞳に宿る
清らかな虹を見たかい


やっぱり82年から私のベストアイドルなのです。

デビュー時のちえみちゃんを越える少女は
あれきり現れていない!



ライブは
シングル曲メインのセットリストだったので
振り付けもばっちりついていけましたo(^∇^o)(o^∇^)o


今回は愛すべき二丁目の大御所さま達と参戦したので
ステージもサイドも
キラキラオーラで眩しかったですわ☆☆☆



キーを落とさず歌っているので
ちょいちょい苦しそうでしたが
ちえみちゃんのアイドル魂は健在でした!


今はとってもきれいなきれいなおかあさんだけど、


たんぽぽ色に白の水玉

肩で結んだリボンのワンピース

キャンパスリップと爪磨きで初恋最前線



これが依然、私の中のちえみちゃんのイメージです…(*^_^*)


ライブ後は握手会がついていて、

以前も自分の絵本をことあるごとに贈っていたので
なんとか名前を記憶していただけたようなのですが


たんぽぽちゃんとすみれちゃんのレターセットなどを
お嬢さん用にお渡ししたら


「えー、喜ぶわー、いつもありがとうーー!」

と長い握手をして下さって
私が場を離れたあと振り返ったら
ありがとー、と
わざわざこっちに両手を振ってくれてましたよ!!


(>_<)クレイジーラブ!!



つぶらなひとときを
ありがとうございました!


フリフリをつけた手袋は
次回のアイドルナイトで使おうと思います☆

雪のコンチェルト




降りました、
降りました!!

東京にわんわか
雪降り止まぬ!


日本列島、
積雪被害も多いので、
今年は浮かれてはいられませんね(>_<)



でも今朝がたは窓からの白い眺めに
声を挙げた私です。


まだみぞれまじりで
積もる気配はありませんが、

いつでも
雪だるま製作にとりかかれるよう、

八枚の重ね着、
ホカロン四つ、
カリフラワーひとつぶんはありそうな耳あてを装着。


朝からお出かけしています。


今週は熱も出し、
久しぶりの風邪を患っていますが、

今日は私の今冬☆本命ナイト☆


堀ちえみちゃんのライブがあるのです!!


平成23年現在、
CMI(ちえみめちゃんこ命)の面々が集うなんて
とんでもなくコアでドリーミーなライブですよ。


前回は一人ででかけたのですが、
今宵はアイドル好きのメイトと4人で参戦!


嬉しさ余って
おそろいの手袋まで作ってしまいましたヽ(´▽`)/


あほの情熱
風邪をもうがつ…


(でもこの手袋は今後もおニャン子解散ごっこなどで
きっと役に立つはずです)


あ、今更ですが、

今回のブログ、
全く個人的なくだらない内容となっております…m(__)m

すみません…m(__)m




しかも。

なんとローソンチケットセンターから先々週か、
なぜか電話がかかってきて、


H列だったチケットは手配ミスで
B列に変更してくれるというじゃありませんか!?


ローソン、
かさねがさね、ダンケシェーン!!
゜+。(*′∇`)。+゜


B列目とは
やぶさかじゃないよ!!



Bってことは前から2列目!


2列目でばっちり4人で振り真似できたら
ちえみちゃんのお目にとまるかもしれないので
シングル曲のおさらいにも熱が入ります!!


パブロン飲んで
ただいま待機中です(*^_^*)


くだらないレポは後程また!!



皆様、お出かけの際は
お足元、お気をつけて…!

つぶらな国から来た娘



またまた
バニラチェアから離れて

ちょっと書かせてくださいませm(__)m


先日の報道。



堀ちえみ
再び離婚



朝っぱらから
跳ね起きる内容のメールが
知人から届きました。


私のちえみちゃんフリークは、

…ちょっとやそっとのもんじゃありませんことよ。


ブログでも度々、
ホント度々書いていますが。


1982年から
私のアイドルランキングは
ちえみちゃんが常に首位をキープしています。


いつまでも愛くるしい、
どこかもっちりした風貌も、

黒目の奥行きも、

必死な感が拭いきれない
ドタバタけなげなダンスセンスも、

都会的な要素の薄さも、


ただ愛しくて。

ただ恋しくて。


母になっても
あの笑顔には
尽きせぬ少女性が宿っています。


あーぁ☆CMI☆
(ちえみ・めちゃんこ・命)


その日は午後から池袋で
ちえみちゃんの料理本のサイン会があり、

いそいそ予定を空けていましたが、

寝耳に水の離婚報道に

整理券の危機を感じ、

大急ぎでリブロに直行!



ギリギリでしたが、
無事に立ち見券にありつきました!!


生のちえみちゃんは一年半ぶりですかね。


出てきた時は、
あれ?ちょっと涙目に見えて、
心配に…


イベント後に会見を控えていたので、
公の場に出るのは
きっと複雑な想いだっただろうなあ、
と思います。


色々な惑いをはらんでいるようで、

つぶらな瞳の僅かな翳りを
深読みしてしまいました。


トークしたり、
お料理実演したり、

いつものちえみちゃんペースに戻って、

最後はチャーハンをこぼすというお茶目も。

(かわいい、かわいい(^m^))


さて、本を買った人には
握手のおまけつきで、

百貨店仕切りのせいか、
随分ゆったりと時間かけての握手会でした。


ファンの方のペースに任せ、
握手をしたまま、長々お喋りされてる方も。


離婚騒ぎであわてて飛び出して
プレゼントも用意できず、
会話のネタもない私は、


どんな言葉をかけよう………
(◎-◎;)


過去にあった
生ちえみちゃんイベント。

いつもあまりのつぶらっぷりに
魂を吸い込まれて、
ろくなエールも送れないのです(>_<)


それでも、
お会いする度に
しつこく自分の絵本を渡してきた甲斐がありました!!


「まえをさん?」
となんと覚えていてくれて、

「娘とたんぽぽすみれの絵本を
2日前に読んだばっかりですよ」

と!!


えっ(>_<)
えーーーーーーーっ(>_<)


ちえみちゃん!!

とお嬢さん!!


「絵本の気分だったみたいで
自分で引っ張りだしてきてね」


前も、
「ぶらんこの絵本、
子供達もすきで…」
と言って下さったのです。


溢れる嘆息を抑え

口に両手を当てて
パクパクしていたので、

危うく握手をするのを忘れるとこでした。


「頑張ってくださいね」

とちえみちゃんに言われてしまい、

オウム返しも出来ず、


「ずっとずっと、応援してます…!」


ペコペコして、それだけ言いました。


終始、
ちえみちゃんだけが話してるというエヅラに。


ああ。


またお知らせ改めてしますが、

絵本の今後について、
思うところのある週だったので、


ちえみちゃんの言葉に、
ぐっと救われました。



後でニュースで見たら

ちえみちゃんが涙をこらえながら、

「自分は駄目な人間なんじゃないかと思えて」

と会見で話されていました。


結婚の経験もない私の
浅い意見だけれど、

ちえみちゃんには
五人のお子さんという宝物が
ちゃんと残されていますよ。


どんな十年だったかとか
その重さとか
人にはわからないことばかりです。


お子さんのこと考えて考えて
やっと乗り越えて
決断されたんですもんね。


すっぴんで白いワンピで歌っていたちえみちゃんが
立派なお母さんです。


今も昔も、
ちえみちゃんの笑顔をいつも願っています。


なんでしょう、これ。
ファンレター?


雑貨店店長ブログですってば………m(__)m

サリナバチタ・クリームブリュレ!


帰り道の新宿駅で



(◎-◎;)

ドーナツプラント、

振り返って二度見!



サリナバチタ・クリームブリュレかと思ったー!


どんくらい食べたらいいの?って話になりますわ(^_-)


びっくりしすぎて
思わず写真撮っちゃいました。


(80年代に思い入れのない
なんのことやらとお思いの方、
ごめんなさい。
どうぞサラリとお流し下さいm(__)m)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索