Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは しまじろう



Benesseさんのこどもチャレンジ
ベビーの教材用に
絵本が完成しましたー!



『こんにちは しまじろう』

こちらの文章と
スタイリングをしています。


しまちゃんとそのお友達の
お洋服もデザインしております。


みんなギンガムをどこかに取り入れて
バニラの子供服の雰囲気かな?



なにしろしまじろうの
かーわいいこと。


原優子さんのぬいぐるみの
この完璧な愛らしさに
赤ちゃんもママも
にこにこでしょう~♪


原さんの作るしまじろうは
児童教育の専門家が

黄金率!

と太鼓判を押されたそうで

目鼻の位置や、
輪郭含め、
こどもが安心するバランス、
親しみを持つ等身で
できているんですって。


わかる。

大人が見ても、
まーるく完成された
愛でたくなる王道の顔立ち。

ゆるがない安定感を感じます。


こんにちは しまじろうは、
一歳2ヶ月のお子さま宅に届く予定。


しまじろうがぺこっとあいさつする
わくわくの仕掛けがいっぱいです。


いま、次の号も製作中ですよーー(^ー^)


スポンサーサイト

オトナモkodomoe





白泉社こどもMOEが新創刊!

kodomoeとなってうまれかわりました♪


原優子さんとのコラボ
うさぎの仕立て屋さんでお世話になっていましたが、
今号より、
MOEで連載していた、
原優子さんの絵本の国のぬいぐるみ、が
新たにスタートです(^_^)

私もスタイリング参加していますので
どうぞご覧くださいね。


のらねこ軍団の指人形、
原優子さんの手にかかったら、
こんなふうに具現化するんだなー!
かわいい!

パンが沢山の撮影で、
こんがりふっくらよいにおいでした(⌒‐⌒)


また、今回は、
まえをけいこ。折り紙講座4ページ、
パーティーシーンでの大人かわいい提案をしております。


子供達とのパーティーで、
ママ友だけでの集まりに、
2つのテイストでのアレンジ集です。


簡単にできるギフトラッピング法、
カッターで線を加えるだけでできる
封筒リメイク術などなど!


考えてる私も、折り紙の手軽さ楽しさに、
はまってしまいました( ´∀`)


幼い頃、
クラスで千代紙交換をした
あの寄り合いのときめき。


紙好き女児のスピリットが、
めらめら再燃しましたわ。

どうしても最後の一枚の柄は使えないという(笑)

このラスイチの法則で、
私の私物は、
とんでもない糧を蓄えちまってると思い当たるんです。


kodomoeさん、
子育てムックなのですが、
ギリジン(片桐仁さんね)や壇蜜といった
ナイスチョイスなラインナップで
切り口が面白いので、
ママ読者も楽しめると思います。

ページデザインもとってもおしゃれですよー。

そして、子供モデルちゃんは、
目を疑う可愛らしさなのです。


次号の撮影でこのまえ会った子は、
バニラの服が似合いすぎて似合いすぎて
(宇宙人)ワナワナしちゃいました(*_*;


付録も豪華なミッフィーちゃんバッグ、
大人がほしくなってしまいますね♪

全国書店で発売中です。

とびきりの一冊・こどもモエ




白泉社より、
こどもモエ最新号が発売になりました!!


原優子さんとの連載、
うさぎの仕立て屋さんはじめ、
毎回お世話になっているこどもモエさん。


今回は、Book in Book として、
はさみこみ通販ページの中に、
バニラチェアのアイテムも沢山~☆


私も、そちらのスタイリング、
表紙のコラージュ製作など、
フルボリュームで参加しています。


ほかにも色々なページでスタイリングさせて頂いて、
撮影ラッシュでしたが、
渾身の一冊!という感じです♪


子供モデルちゃんとの撮影が、
いつもほんとかわいくて、
目のごほうび的に楽しいのですが、

今回はちいちゃい子が多かったので、
一人が泣くと、もう一人は泣き止み、
また違う子が泣きはじめ…

と、アンパンマンの動画やお菓子で、
なだめつつ、すかしつつ、
みんなの笑顔が出揃うまで、
奇跡の一枚を待ちました。


いや、粘った~!
甲斐あって、かわいく撮れていますよ~d(⌒ー⌒)!


連載ページでも、ハーフちゃんに登場してもらい、
撮影の間、うっとりでした。


実は、今回は、バレリーナみたいな衣装もあり、
フワフワドレスに負けない可愛い顔立ちの子供ちゃんを、と
ハーフちゃんにお願いとなったのですが、

モデル資料の束から、


これは!と思う、
髪形、表情、衣装といい、
どこか昭和アイドル風なちえみちゃんフェイスを見つけてしまい、

この子をぜひいつか使いたい…(>_<)
と、熱烈ラブコールをしたのでした。


子供モデルちゃんの中でも、
抜群の童顔という感じの愛らしさ。

童顔中の童顔…(*´∇`*)



担当の西村さんが、

編集長の森さんが、
モデルリストを見て、

「まえをさんは、きっとこの子が好みなはず」

と話されていたとのことで、
凄い!とびっくりされていました。


さすが編集長…☆☆☆
わかってらっしゃる…


いま、いよいよ次回撮影のしぼりこみをしていますが、

念願のちえみちゃんと逢える♪と
思っていたら…


西村さんからメールが…


「まえをさん、残念なお知らせです、
あの子は、絶賛歯がはえかわり中で
前歯が二本ないため、
今回も見送りとなりました…(>_<)」


おぅ、乳歯問題!?


わたしのご対面はまた先送りに…(;_;)


そんな裏話はこのへんにして。


今回のこどもモエには、
すてきな付録もついてきます。

ミッフィ~ちゃんのたためるトートバックと、
原さんのとりおろし絵本!


豪華すぎる!(*≧∀≦*)


原さんの絵本「ちゃいろいしろくまさん」は、
ストーリーも原さんが手掛け、
大人の私にはちょっと泣きたくなる
あたたかな一冊です。

こちらのスタイリングもお手伝いさせていただきました。


背景とくまちゃんとのコンビネーションが、
全ページ、かわいい仕上がりです。
かなり、かわいいです!


次号は巻頭特集で、
うさぎの仕立て屋さんスペシャルですので、
どうぞお楽しみに♪

入園入学のハンドメイドを
あれこれ提案致します。


マスキングテープ活用帖

20091209011943
20091209011941
20091209011938
雑貨業界で、
去年辺りから、アイテムとしてもっともブレイクしたのが、

マスキングテープではないでしょうか?


バニラでも、
カウンター正面に瓶詰めでお取り扱いしていますが、

ニーズがあるんでしょうねー☆


毎月のように新柄が出ます!


昔はカラーのものが珍しく、

そして続々と、水玉やギンガムの台頭、

今や花柄、ストライプは当たり前、

タータンやらシースルータイプやら
ほんとうに豊富なデザインが揃っています。


私が学生の頃は、
美術予備校で平面構成、とかするのに、
生成のテープが世界堂なんかで売られている位でした。


その時でも、
貼ってはがせるマット具合が可愛くて、

ラッピングや、
写真コラージュなんかの時には大活躍していたマスキングテープ。


鉛筆で書きつける文字が、
こっくりと柔らかく出て好きでした。


雑貨としてのこの華麗なる再デビュー、

荻野目ちゃんの突然のカバーヒット、
いや、長山洋子の演歌リメイクくらい、

時代と資質の歩みがピタリと合う時があるのねえ~


こんな時代が来るとはねえ~…(´∀`)


今回、ご紹介するのは、
学研から発売中の
「マスキングテープ活用帖」


色々な作家さんのマスキング術や
簡単アイデアを数多くまとめた、
実用的で可愛い一冊です。


私も、
表紙製作、
また中の作品提案などもさせて頂いています。


身近な材料で色々、考えてみて、
一番いやーん(≧▼≦)と思ったのは

ビニール傘アレンジ。


巻いてみたら、
かなりかわいかった!


貼ってはがせる気軽さと
目印としての役割と、

ビニ傘にもオンリーワンのエッセンスを吹き込める。

これなら、
銀行や郵便局の傘立てにあっても
間違えられないですよね(^-^)

色も好みでアレンジ万能!

ネタばれしてしまうので、
あとは書店でどうぞご覧くださいね。


バニラチェアでもお取り扱い中です。


私のイチオシマスキングは英字模様♪

ムラのある下地が重ね張りにいい仕事してくれますよ~(^.^)b

恋は突然ブロードウェイで

20090609002633
20090609002630
20090609002627
白河の雑貨屋さん、
ちょうちょのおさじのあや子ちゃんと、
度々訪れている中野ブロードウェイ。


まんだらけ、に
古き善き少女マンガを掘り起こしに行くのです。


タイトルはコミック風の語呂で決めただけ、

特に恋は生まれなかったのですが、


中野も秋葉原に負けず劣らず、
レアなムード満開の街です。
(高円寺もですね)


より狭く
よりサブカルな。


どっぷりオタク蔵書を搭載した
閉塞感のあるまんだらけ店内。


私はさておき、

耳にすみれを飾った野うさぎのような

いたいけな風貌のあや子ちゃんが


似合わないこと
似合わないこと。


そう、
平成のマロンクリームの異名を持つあや子ちゃん。


(サンリオのうさぎキャラ、
小花柄のワンピを召された

エレガント?お上品路線です)


そんなあや子ちゃんの自宅にずらり並ぶ
70年代浪漫あふれるコミック群はかなりのもの。


ここ数年で
質の良い作品ばかり、
厳選して買い集めただけある。


ゆくゆく
乙女限定の貸本屋か
漫画喫茶をやったらいいのでは…?
と思います(o^∇^)o


さて、
私が今回手に入れたのは
写真の三点。


おはようスパンクのたかなし〓しずえの短編集。
「ポケットの中の夢」


*空色の風船のお話
*ひでくんの手紙
*ねこさんみつけた
*ひまわり咲いた
*風のある日の午後でした


うお~…
メルヘンの骨頂!!


収められてるタイトル見ただけで、
心にフェルトでアップリケされた気分…


「アハッ、
和子ちゃんてばかわいいんだ」

「篠田くんたらおかしーんだ、いやーね」


「うふっ、手編みのベストがんばらねば」


こんな台詞まわしの内股女子に
まんざらでもない四十路の私。


なにしろ、善意がなくちゃあ読み進められない、
ものすごい画力です。
(作品的にもかなり初期なので)

平和ボケしまくりの
素敵な世界です。


そして、もう一冊は、
みつはしちかこの詩画集。「ポケットの星」

(偶然、ポケットシリーズになっちゃいました)


言わずとしれた
「チッチとサリー」の作者です。


これは珍しいんじゃないか、と思って、
1500円は安い気がして買ってしまいました。


1970年に出版されたもので、
思ってたより随分古い!


「だれ?いたずらさん
私のポストに
差出人のないラブレターを
投げ込んだのは」


これまたゾクゾクするキーワードが満載。


金木犀の茂みでサリーを待ち伏せするチッチに
花の薫りが移ってた、
ってストーリーが当時すきでした。


こういう季節と情緒が結ばれた
歌や漫画がやっぱりすきなんです…(*^_^*)


最後はずっと探してた
八木さおりのアルバム!

音吉って中古レコード屋にて。


八木さおり、評価が高くてずっと気になっていたのです。
私はパンダ物語のカセットしか持ってませんでした。


本当にお目当てはファーストなんですが、
今回見つけたのはセカンドアルバム♪


ネットでもなかなか見つからないので、
飛び上がりました。


手にしてた伊代ちゃんと
田中陽子を棚に戻しちゃいました!

3500円。出す!出すとも!

歩きながらパッケージをむしり、
作家陣をチェック。


来生姉弟
武部聡志
崎谷健次郎
谷山浩子
MAYUMI
中崎英也
小室哲哉

なんて豪華なの!?


っていうか、
ほぼ斉藤由貴の持ち札とかぶってる!


これは凄い布陣です(;_;)

八木さおり、
普通に安定歌唱だし。

ますますファーストアルバムが欲しくなります~!


八木さおり「PRETTY」
ブックオフで見かけたら、どうかご一報下さい…
m(__)m

まどさん礼賛

20090406014921
20090406014918
20090406014916
中原淳一展を観て、
胸いっぱいの感動をひっさげ、
松屋を後にした私。


たそがれの銀座、
ふと目をやると、

なんと、大好きなまどみちお展の看板が!


まどさんは、
童謡「ぞうさん」を書いた詩人。


今年100歳になられるそうで、
それをお祝いしての記念展でした。


まだ、時間に余裕もあったので、
引きこまれるように、会場へ。


展覧会のはしごって、
せっかくの印象が、
ブレンドされてしまいそうだと思ってましたが、


中原淳一とまどみちお、

一流の確立された作品に、そんな心配ご無用。

私の心に、
いかなる混じり気ももたらさないのでした。


最終日の人だかりの中原展を、
せわしなく観た後だったので、

夜のまどさん展はゆっくり、じっくり、
何周もまわって味わうことができました。


コップや机を読む、というまどさん。

コップに入っている水を読み物としてとらえる、
詩人のまなざし。


「夕陽にこんなにお世話になっているのに、
まだご恩返しができない」

この言葉になんだか
人間であること、を一旦手放して、
まどさん自身が、
風景のようなものにうんと寄り添って生きているのだなぁ、と思いました。


ひらがなで綴られる、
やさしい温度やリズムがあって、
一番芯に重さがあるような、
まどさんの言葉たち。


「かいだん」
という詩には

くうきがうつくしくすわっている、
とあります。


すごい。

たしかに、
授業中の校舎のひっそりした階段には、
空気、すわっていたなぁ…

私は、有名な童謡集あたりしか存じ上げなかったのですけれど、

今回、会場で初めて読んだ詩がありました。


「メロンとぼく」


まどさんの飼い犬の名前がメロンです。


写真でぼんやり映してみましたが、

みつめあうメロンとまどさんの時間が、
1つになってごうごうと流れる、


―この最初の部分で、
涙がどっと出て、

それから後はただただ涙が溢れてやまず、

静かな会場で一時間程、
私は泣き続けていました。

動物を飼っている人なら、深く、胸に応える詩だと思います。


その親愛の情の宿る、
かけがえのない時間の流れの早さと、厚みと。


私はどんなに静かな月の夜も、
景色にはごうごうという音が、重なります。


二度とない景色を、
一度きりの粒子が作り上げている。

そんなふうに思うのです。

動物の目には、
どんな早さで季節は映るのでしょうか。



メロンから、モンポウから、
どんな出会いにも用意されている約束ごとが、
津波のように押し寄せられてくるのでした。


まどさん展は5月頭まで、開催されています。


貴重な絵画(絵も描かれています)や、
最近の日記帳まで、
間近に観ることができますよ。


最後に、お気に入りを紹介。
春の菜の花を見ると、
こんな詩が浮かんできます。


なのはな
なのはな
ちょうちょぅになぁれ

ちょうちょぅ
ちょうちょぅ
なのはなになぁれ


こんなに短い言葉にも、
春を受け持つ生き物の、やさしいそよぎがあふれてきます。


まどさんの以前のお住まいが、
ご近所だったことがあるようなので、
おんなじ夕陽に出会っていたかもしれないと、
そっと嬉しく思っています。

それいけ!それいゆ!

20090402214727
20090402214655
語呂でつけてすいません、タイトル。


松屋ギンザで催されていた中原淳一展。


最終日、
駆け込みで見に行ってきました!


のんきに出掛けようとしていましたが、
気付いてよかったぁ(>_<)


最終日だけ五時閉場!

のところ、
四時半になんとか滑り込んだのです!


私に与えられた時間は30分!

物凄い集中力で

視力によりをかけて

見つめて見つめて30分。


へばりつくように壁に肉迫して、
間近に見る原画…!


す・・・
素晴らしく
え・・・
絵がうまい!!


私が言わんでも。

全国民にはたかれそうですけど。


だって、すごい種類のタッチですよー。

様々な色や線の処理の仕方。


書き込みの細かさと
省くべきもののチョイスの鮮やかさ。


頭の中でお経のように
アナウンスが流れてきました。


「天才だ、
これが天才の絵だ、
天才は存在した、
天才すぎる、
天才の絵がこれだ
天才かく語りき、
叙情あふれる天才、
凄まじい天才的センス、
天才はここにいた、
天才がここに」


それいゆ念仏、
心でとなえながら…

( ̄~ ̄)
なーむー。


大学生の頃に、古本市で買ったそれいゆ。


清く正しい
白いハンカチのような、

午前中の道に、
聴こえてくるバイエルのような、


良心を揺さ振る、少女讃歌。


この人が、
ふるきよき乙女の分母を
うーんと広げたのでは。


暮らしへの心がけが美しすぎて、

私なんて
穴があったら入りたくなるであります。


また、頷いてやまない、
色彩についての明確なモットー。
o( ̄ ^  ̄ o)
フムフム!!


黒に茶色や紫といった地味な色を合わせるのは、
宜しくない。

黒い服に、
明るい一色をプラスする、
例えばピンクの帽子、手袋、ハンドバック、を合わせてみたらよい、
一色でも他の色が混ざったら、台無し。

グレーは一番柔軟な色、
なに色を持ってきても、相性がよい。

ピンクに黄色、赤、紫など、
色とりどりの花束は、
まとまりのない服装の人を見るようなもの、


といった、
共感できる美学を数々説いておられます。


30分で雰囲気だけしか
かすめとれなかった私ですが、

会場にはかつての少女がいっぱい。


目を細めて、
ずらりと並ぶ少女雑誌の付録に見入っている、
品の良い御夫人方。


リボンやフリル、
連なる花やレース、


やっぱりいくつになっても、
なくならない憧れの住む場所が、
心の中にあると思います。


白いブラウスの女の子が、
薔薇の型押しの日記帳を綴る、
屋根裏部屋みたいな…


また昔のそれいゆを読み返してみようと思います。


アラフォーの肩書きをかなぐり捨てて、
数年ぶりに髪を2つ結びにした私です…
(お許し下さい)

はじまりはぐりとぐら

20080507090225
以前、お伝えしたダヴィンチ、今日5/7発売です。
P.201の扉のコーディネート、よかったら見てみてくださいな(*^_^*)

ぐりとぐら。
どうしたって忘れられないあのホットケーキ!

動物達がちょっとずつちぎった、あのふかふか玉子色のものを両手で持ってるのがうらやましかった!

小さい頃に読んだ食べ物の出てくる本って、確実に刷り込まれてますよねー。

松谷みよ子さんの「モモちゃんとあかねちゃん」の中に出てくる、お粥が私のツボでした。

うちでは基本、お粥には梅干し、だったので、

たまごをぽーんとおとして、おしょうゆをちょっぴりたらして食べるんです
(多分こんな文章)

たまごにおしょうゆ~?!( ̄□ ̄;)

ちょっぴりたらして食べるんです

ちょっぴりたらして食べるんです~?!

奇跡の人のウォーター並に、をさな心に衝撃が走りましたよ!

ひゃっこちゃんをかいた時も、100個ものパンやアイスクリーム、小さい時の自分ならたまんないなぁー(´∀`)なんて思いながら。

「いっせーのぉ」
「コレ!!」

とすきなものを兄弟やお友達と指差しあうのって、楽しかったですよね(o‘∀‘o)

沢山の中からお気に入りを見いだす歓び。

これがおニャン子好きへとゆくゆく発展してゆくのかなぁ(;^_^A

またこんなねたへと流れてゆくんですが、
私は18番・永田ルリ子が一番すきでした。

今見ると三田寛子に似ています。私メガネでは。

振り付けを覚えたいと思うなら、ルリ子さんを見るのが一番。ステップや首のかしげ、最初から最後まできっちりEnjoyしていて、判りやすいんです。
そして笑顔がよいの。

ルリ子ファンには会ったことありませんが。

あと、満里奈ちゃんと生稲ちゃんがすきでした。

おととし、後ろ指の振りを二三曲、完全マスターしたなぁ。しかも中学の時すきだった男の子と。ゆうゆパート譲ったんです!

ちなみに今、私が覚えたい振り付けはトライアングルラブレターです!二十代にはわかりません。ていうか、私自身も後追いの世代。

ちなみにこのブログ、はじまりはぐりとぐらでしたが、トライアングルで結ばせて頂きますm(__)m

(マニアックになってきたかしらー(;^_^A)

恵比寿詣り

20080414093837
20080414093835

今週は撮影の仕事で恵比寿づいています。

什器使いや空間がいつも素敵な洋書のリムアートさん。
はじめてそちらのスタジオを使いました。

ちょっとのどかな住宅街の外れにあり、光いっぱい。
ダヴィンチで「ぐりとぐら」の特集があるので、
それをイメージしたお部屋をコーディネートしました。

全体は5月7日発売の本誌でどうぞ。


ちらっとコーナーだけ、映してきました(^-^)
緑がほしくて草花を探しに外へ出ると、
ベランダに伸びてきた枝を摘んでいた親子さんがいたので、
たくさん分けて頂きました。

空き地や団地がなんだか広々と望める高台で、
昭和の通学路を感じる午後でした。

ブログを読み返すと、わたし、遊んでばかりなんですが(^o^;
仕事の合間にぬかりなく遊んでいるのですよー。

前向きにー!(後ろめたさから声高に!)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。