Entries

水玉模様の片想い

20090531215215
こんにちは。

皆さんは少女漫画はお好きですか。


私はいまだに主人公が学生の漫画に
バッチリ感情移入して泣ける
あられもない三十代です。


しかも、キャンパスより、ハイスクールがツボ。


いや、
義務教育でも、
こちら的には差し支えない。


好きな人が転校する。


今の自分のどこを叩いても
こんなシチュエーションはあり得ないのですが、

これだけで泣けます。


行かないで、といえるわけもない。

淡い気持ちを伝えてもいない。

話したことすら、数えられるほど。


こんな片想いを、
今の中学生もしてるかなぁ。

していてほしい!


陸奥A子の良心的乙女趣味の世界、

こういった情緒は、
どこに引き継がれてゆくのでしょうか?


(今の陸奥A子作品もすきですが、
テーマが離婚や転職とかのYONGYOU路線ではなく、
あくまでも、
サロペットや胸当てジャンスカの主人公の頃の作品がすきです)


この時代の学生さんは、
すてきな雨宿りやら
落とし物やら
下宿やら
してますよね~…


ひょんなことから知り合った
かわいいギタリストSundaytube02さんと私が
形にしたい少女性は
ぴったり一致しているようで、

黒髪の15歳

まだ誰のものでもありません―


そんな恋知るセシルをイメージして、
新しい曲を作りました。


一緒に作ったのは三つ目。

この曲が
一番すきかも。



不器用なひといろの片想いの記憶が
さーっと通り雨のように戻ってきました。


YouTubeで
Sundaytube02で検索してみてください。
15の声に打たれます。

歌詞も載せておきますね。



―水玉模様の片想い―


放課後のグランドに
降り出した淡い雨

天気予報に舌打ち
かばんをかざして
帰るあなたを
遠くで見ていた


折り畳みの赤い傘
そっと開いて

ピアノのように広がる
雫のメロディ
…届けて

水に咲いた傘の花
かきわけながら

あなたを追いかけてた



友達の友達に
引っ越すと聞いただけ

偶然だけを待ってた
一学期の恋
日記帳もまだ白いままで


水玉の舗道たたく
ピチカートの中

信号待ちのあなたに
追いついたの
…気付いて

返さなくていいですと
差し出したのは
せいいっぱいの雨傘



胸に咲いた憧れは
あじさいの色

私の名前もきっと
あなた知らない
…このまま

雨に映った緑が
とてもきれいで
瞳を今こぼれたの
スポンサーサイト

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索