Entries

それいけ!それいゆ!

20090402214727
20090402214655
語呂でつけてすいません、タイトル。


松屋ギンザで催されていた中原淳一展。


最終日、
駆け込みで見に行ってきました!


のんきに出掛けようとしていましたが、
気付いてよかったぁ(>_<)


最終日だけ五時閉場!

のところ、
四時半になんとか滑り込んだのです!


私に与えられた時間は30分!

物凄い集中力で

視力によりをかけて

見つめて見つめて30分。


へばりつくように壁に肉迫して、
間近に見る原画…!


す・・・
素晴らしく
え・・・
絵がうまい!!


私が言わんでも。

全国民にはたかれそうですけど。


だって、すごい種類のタッチですよー。

様々な色や線の処理の仕方。


書き込みの細かさと
省くべきもののチョイスの鮮やかさ。


頭の中でお経のように
アナウンスが流れてきました。


「天才だ、
これが天才の絵だ、
天才は存在した、
天才すぎる、
天才の絵がこれだ
天才かく語りき、
叙情あふれる天才、
凄まじい天才的センス、
天才はここにいた、
天才がここに」


それいゆ念仏、
心でとなえながら…

( ̄~ ̄)
なーむー。


大学生の頃に、古本市で買ったそれいゆ。


清く正しい
白いハンカチのような、

午前中の道に、
聴こえてくるバイエルのような、


良心を揺さ振る、少女讃歌。


この人が、
ふるきよき乙女の分母を
うーんと広げたのでは。


暮らしへの心がけが美しすぎて、

私なんて
穴があったら入りたくなるであります。


また、頷いてやまない、
色彩についての明確なモットー。
o( ̄ ^  ̄ o)
フムフム!!


黒に茶色や紫といった地味な色を合わせるのは、
宜しくない。

黒い服に、
明るい一色をプラスする、
例えばピンクの帽子、手袋、ハンドバック、を合わせてみたらよい、
一色でも他の色が混ざったら、台無し。

グレーは一番柔軟な色、
なに色を持ってきても、相性がよい。

ピンクに黄色、赤、紫など、
色とりどりの花束は、
まとまりのない服装の人を見るようなもの、


といった、
共感できる美学を数々説いておられます。


30分で雰囲気だけしか
かすめとれなかった私ですが、

会場にはかつての少女がいっぱい。


目を細めて、
ずらりと並ぶ少女雑誌の付録に見入っている、
品の良い御夫人方。


リボンやフリル、
連なる花やレース、


やっぱりいくつになっても、
なくならない憧れの住む場所が、
心の中にあると思います。


白いブラウスの女の子が、
薔薇の型押しの日記帳を綴る、
屋根裏部屋みたいな…


また昔のそれいゆを読み返してみようと思います。


アラフォーの肩書きをかなぐり捨てて、
数年ぶりに髪を2つ結びにした私です…
(お許し下さい)
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/119-1ec2e9de
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索