Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/323-f1043b00
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

谷中巡業~熱中編~






ただいまバニラチェアはお盆休み。


足並み揃えて、
両店で休めることもなかなかないので、

夙川店スタッフも東京に来ています。


むせ返り
蒸し返す
連日連夜のこの暑さ。


上野の温度計が41℃を刻んだという
よりによってのこんな日に

わたしたち、決行しました。

谷中巡り。


今スカイツリー人気も後押しして、
雑誌では東京の下町特集が熱い!


谷中は、中でも、
注目のゾーンです。


私の愉快なランチ仲間、
松野屋さんが、
お盆休みを返上して、
道案内を買って出てくださいました!!



松野屋さんは、
日本の古きよき時代の生活雑貨を
幅広く取り扱う卸問屋さんで、

気やすく「旦那」と呼んでるけれど、

私が雑貨に目覚めた80年代、
通いつめたショップの卸し元は
ほとんど松野屋さんだという、
長くこの業界での指揮をとっている方なのです。



多趣味で多芸で
行く先々でトークショーを繰り広げる
万年漫談松野屋さん。


お休み中にも関わらず、
自身のお店も開けて、招き入れて下さいました。


写真一番目と二番目が松野屋さんのお店です。

こちらは卸ではなく、直営店。

築百年!の古い家屋を改築した、
柱や梁がとても雰囲気のある空間です。


こんな谷中テイスト
外人さんとか喜びそう~。


たくさんのかごが積まれた三和土には
暮らしの温度感が溢れています。

使われる為のもの、って顔をして、
出番を控えている荒物達・・・

なんとも活気ある眺めでした!


松野屋さん、この谷中がほんとに地元だったそうで、

高校の頃から通っていたという、
レトロな喫茶室(旦那曰く、谷中のファミレス)に
お昼は赴きました。


薄いブルーの花柄シャツに
黄色いタオルをひっかけて、

ビールと餃子で洒落こむ松野屋さんを前にしていると

あれ?
ここ海の家だっけ?


と、なんだか
旅情に近い幻惑を覚えるのでした(笑)


午後イチの
夕焼け段々の坂道へ、一歩踏み出すと、

もう笑うしかない
衝撃的な暑さ!!!


眩む程の直射日光です
(@゜▽゜@)!!



この殺人的真っ昼間に外をうろつくなんて、


するもんじゃないし
させるもんじゃない…!


これがほんとの東京砂漠?


日傘の下にいながらにして
地面から立ち上ぼる熱で、
どうにかなりそうでした。


それでも、旦那は
熱い空気をかきわけ、

通な抜け道を駆使して、

味わい深い谷中の路地を進んでいきます。



熱中症対策に、
魔法瓶に凍らせたルイボスティーまで用意してくれて、

松野屋さま、
なんて粋なガイドなのでしょう…(;^_^A


住宅街をひょい、と曲がってたどりついた、
噂に聞いていた旅ベーグルさん。

初めて行きました!


思いがけない街角に
白い横並びの小さなメゾン…

オーダーブラウスや
革小物のお店が隣り合わせていて、
なんてかわいい横丁なの!

写真3っつめは
旅ベーグルさん入り口にて撮らせてもらいました、

なんていう名称?
ステッパー?

この界隈の住宅にも使われていましたが、
谷中限定モデルらしい。
(売ってほしい~☆)


北欧風の花柄にキャッと萌えます。。。


ベーグルを選んでる間、

旅ベーグルオーナーさんの脱力系トークと
松野屋さんの掛けアイが
うまいこと絡んで、いいコンビネーションでした…(笑)


ドライフルーツと黒ごまのベーグルを買いました♪
(おいしかった~(*^_^*)


更に路地をぐんぐん行くと、
古道具Neglaさんに到着!

扉を開けたら
ひんやりここちよい空間いっぱいの
清冽な薫りが迎えてくれました………

好みど真ん中、素敵なお店…(>_<)


きちんと選ばれ、
手をかけられ、
すっとした表情で並ぶ品々。


オーナーさんは
落ち着いた物腰の、
涼やかな女子で、

お話したら、共通の知人がちらほら浮かび、
親近感が湧きました(*^_^*)


そしてボーダーの生地を貼った子供椅子を購入!
写真4です。


原優子さんのぬいぐるみを乗せたくて、
撮影欲が駆り立てられた!


そして涼を求め
山本富士子の似顔絵のついた
古ーいうちわを買ってみましたが、

外に出て仰いだら、
ただ熱風をかきまわしてるだけで、
これっぽっちも涼しくありませんでした(´Д`)


Neglaさんの店内には
なんか納涼的な精霊が宿っていたようだった…

また行きたい…


そしてタクシーで
谷中を後にして台東区鳥越へ。


お目当ては
これまた丁寧なものづくりと
シンプルだけど考え抜かれたスタイルが人気のSyuRoさんです。


半分アトリエ
半分ショールーム、

天井も高く、開放的な広々した空間。


SyuRoさんの作品は、
素材も作り手も出所がちゃんとしてる。

どんな想いで
どんなコンセプトで
届けたいものなのか。


ロゴもない、
声高に語らないシンプルな形に、

真面目な人柄がちゃんと見えているなあ、と思います。


テント地をリメイクした
しっかりしたトートバッグや
大人っぽいボーダー使いのポーチも、

ちょっとワーク色もあり、
男の人にもおすすめ。


ここの革のお財布が、
ほんとにかっこよくて、
自分にはかっこよすぎるんだけど、
やっぱりかっこいいなあ~~~(*´∇`)
この感じが似合うようになりたいものだ・・・


そして
松野屋さんがお盆いっぱいのかき氷をふるまってくださいました!


SyuRoさん近くの
おかず横丁の入り口にあるお菓子屋さん。

古い看板には港屋とあります。


ひとさじで、電撃(ネットワーク)

こんなかき氷、初めて食べた!!


暑さの演出なんかでなく、
これは目からウロコの氷ですよ!


こまかな淡雪みたいにかろく、
食べ初めから食べ終わるまでフワッフワで、


どんな技で削ったら
こんな繊細な舌心地になるのか!


氷そのものも違うのでしょうかね…


ひとかけの粗さも
ジャリっも
シャリッもないんですよ!

感動的に美味でした!


こうして、
汗だくの下町行脚はこときれることなく終了!


松野屋さんの素敵なナビゲーション、

本当に。
貴重なお休みをお付き合いくださって
ありがとうございましたm(__)m


バニラチェア夏休みは
夜の部へと流れます………
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/323-f1043b00
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。