Entries

桜と喝采の日々


東京の桜も終わりですね。

今年は夙川でたっぷりお花見をしました。


毎朝、毎晩、桜の径を往復して、
優しい風情に打たれてきました。


橋の上から見る
桜の天辺のふぅわりまっしろの花の枕。

思わず
吸い込まれるように
顔を沈ませていました。


かすかな心地に
しっかり五感を集めて…



そのぶん東京の桜は見逃した感がありますが、

早起きして、
愛犬と近くの公園で
散りぎわの花びらを味わったり、

仕事前に日比谷公園に寄ったり、
仕事帰りに代々木公園に行ったり、

寸暇を惜しんで
足繁く桜に会いに行きました。


友人えり子ちゃんは

「ほら、思う存分花びら食べていいよ」

と、通な発言を…


降ってくる雪も花も
いつもぱくぱくしてみる私です。
(実際、あんまり口には着地してくれません)



ニュースで見ると、
被災地にも開花が訪れ、

津波を乗り越えた桜達が
枝いっぱい
薄紅の春景色を広げていました。


復興への杯を交わす人々の笑顔を見れば
こちらも救われる想いがしますが、

岩手の山あいの被災地に残された商店の方が

手付かずの瓦礫の向こうに、
わずかに残された桜が咲いているのを見て


今年も咲いてくれて
少しは嬉しいけど
今年の桜は悲しい


と、言葉をつまらせていました。


おだやかな春風にも
生傷ならばまだ痛むのですよね。


悲しい気持ちが
それこそ土砂のように重たく
胸までまだつかっている人々に
桜も慰めにならないことを
本当に知っておかなくては。


まだ
桜をきれいだと見上げられる、
健康な感情と環境に感謝しなくては、
と思います。


それでも
桜にまで気を遣っている
この方の言葉は
優しいですね。。。


本当に傷ついた人に

どんな気持ちのこもった言葉も

届かないことってやっぱりあって、


痛みに寄り添うことって
とてもできないけど

話し掛けたい百の千の想いでじっと待つこと、
なように思います。


黙って咲く桜にも
悲しみを感じているのだから

この温度差を深く知るべきですよね。


来年、さ来年の春には
少しずつ
悲しみがやわらいでくれていてほしい。


ちゃんと春がめぐってくることを
私も今年は心から感謝しています。
スポンサーサイト

6件のコメント

[C3740] チャリティーイベント

先週の土曜日参加してきました。
地元のミュージシャンが集ってセッションを
するイベントで見学者の方は無料で
参加する方は1000円でセッション参加という
企画で月一ペースで開催されていますが
今回はそのイベントでの売り上げなどすべて
義援金に回されるそうです。見学者の方々も
多数の方が募金しておられました。
とってもいい企画だと思うので今後も企画されるときは是非参加したいです。
その企画の中心人物であるプロのギタリストのお話だと福島の知り合いの方が救援活動を続けられていて・・・痛ましいないようでしたので省略させていただきますがご想像のとおりです。
メディアには決して取り扱うことの出来ない
作業を日々続けられている事実をこれからも
ずっと胸に刻んでかげながら微力ですが
募金や節電などで支援していきたいですね。布袋ともやす氏の「今このときだからこそ
皆さんが切望されているBoowy再結成を
真っ先に考えていた」と記事で拝見しました。実現しそうにないのですがアーティストの方々が先陣をきってどんどん復興の橋掛け役になっていただければもっと復興への
力強いエネルギーが広がっていくと感じました。ちなみに政府が検討している消費税
増額には賛成です。
今は景気の後退の恐れよりも、復興にとにかく全国民が支援するときだとおもいます。
今まで1050円だった物が1070円~1100円になって国民が物を買わないんだったら所詮
そこまでの日本力なんだと思います。
そこから変えていかないとネガティブにあれをするとこうなるとか今までどおりしのごの言ってたら復興がスムーズにいかないし日本の莫大な借金も膨らむ一方だとおもいます。
自分が総理だったら震災の一週間以内に
増税を取り入れて復興の足がけにしようではありませんかと国民に必死の問いかけをすると思う。
ま、現実は自分の生活のリズムを壊すのが
怖くて景気後退を前提に反対多数の否決に
なるとはおもいますが・・・経営されている方々も賛否両論わかれるところでしょうね。
特に否の方に。
でもやはり復興税賛成です。
  • 2011-04-20
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C3741] 一歩一歩

チャリティーイベント、そういう形で、
人を集められる方、影響力を持った方による、積極的な働きかけ、ありがたいですね。

国がもたもたしている間に
孫さんがまた自然エネルギー財団、を立ち上げられましたね。

この真摯で迅速な実行力、すごいですね・・・
本当に上に立つ人には、
こういう現実的な提案、提示を掲げてもらいたいものですね。

政治のことを語れるようなたいした視野はない私なのですが、
国を動かす人、の存在感、というか、気配すら希薄で、
これ以上ないほどの日本の一大事なのに、
次どうすべきなのか、いつおとずれるかわからない
夢のお告げをまってるような気になります。
孫さんの一歩一歩は大きいと思います。

消費税においては、基本的に賛成ですが、
バニラのような小さい店はこのままいくと一年後が本当に不安です・・・
できる協力は惜しまないけれど、
世の中の小売店はほんとうに半減してしまうのでは・・・と思います><
深刻な余波はこのあと来るように思うので・・・

でも店舗ごと流されてしまった
東北のかたがたの現状を見るたび、
こちらはこちらで乗り切ろう!と気持ちを立て直しています。

ここへきて、
気持ちを癒すものや、ほっと心の後押ししてくれるようなものを
自分なりに作っていきたいな、と思っています。。。
私の一歩一歩はちいさいですが。

  • 2011-04-23
  • 投稿者 : まえを。
  • URL
  • 編集

[C3742] ある記事の抜粋

こちらも現時点で深刻なあおりを食らっています。観光客がウェートをしめている商売なので・・・でも今日の記事のような子供たちが
いるかぎり弱音は吐けませんね。
なるようにしかならない、ですね。
まえをさんの一歩は絶対子供たちを勇気付けてくれると思います。


もう、目を通されているかもわかりませんが・・

宮城県石巻市立渡波(わたのは)小学校を取材していたときのことだ。同校は校舎1階が津波にのまれながら避難所となっており、その日、男性タレントや女性歌手が慰問に訪れた。「本物だ!」とサインをせがもうとした子供たちは、案内役の職員に「時間が限られているのでできない」と拒まれた。

 一人の少女はがっかりした表情を見せたが、恥ずかしそうに「サインして」と記者に近づいてきた。「有名人じゃないんだよ」と説明しても「いいの、集めるのが好きだから」と、真新しいドラえもんの表紙のノートを差し出した。

 支援物資でもらったのだろう。パラパラめくってみると、どのページも真っ白だった。1ページ目にぎこちなくサインした。「大事にする」。顔を赤らめながら少女は言った。胸が痛んだ。

 「いいもの、見せてあげる」。別の日、校庭で声をかけた4年生になる別の女の子は、和紙でできた花柄の小箱から金色の2つのピンバッジを取り出した。

 「アメリカの人が私と弟と友達にくれたの。『日本中で3人しか持っていないから自慢できるよ』って」。行方不明者の捜索やがれき撤去のため学校周辺に入っていた米軍の一人から去り際に贈られたという。

 「弟のも持ち歩いているの。ずっとなくさないようにね」。がれきから見つけたという小箱に、大事そうにバッジをしまった。

 女の子は津波で親友を亡くした。「学校に入って最初に話しかけてくれた友達。一緒に登校したり、勉強したりしたのに…」。自宅も流され、体育館で避難生活していたが、新しい友達もできた。4歳の女の子で、体育館で姉のように寄り添って絵本を読んであげていた。

 4月から別の学校へ転任が決まった女性教諭は子供たちに語り掛けた。「地震でたくさんのものを失いました。大切な人、おうち、思い出の品。でも優しい心、大切な気持ちはなくなりません」

 被災地の人たちは本当に多くのものを失った。それでも笑顔を絶やさず、新しい宝物を見つけ出そうとする子供たちがいる。長く困難な道かもしれないが、復興に向かう被災地を見つめていきたい。子供たちが教えてくれた大事な何かを、ずっとなくさないように。(桜井紀雄)

  • 2011-04-24
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C3743]

うぅ‥あいたかったょぉモンポウちゃん(><)あの日からいつもいじょうにきになっていたよぉー 桜さんにあえてよかったねぇ かぞくのみなしゃんとなかよくね(*^-^*)あわせてくれてありがとぅまえをさん
  • 2011-04-24
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C3746] ある記事を読んで

なんともいえない気持ちに・・・

この痛みが子供たちのまっすぐな心に、
どういうふうに影響してゆくのか、
影になってしまうのか、
糧となるのか。
けなげに救いに転化している子供の強さに
こちらが救われますね。
大切なものをこれ以上は、ほんとうに失くして欲しくない。
祈る想いです。


どこかの子供たちに届いてくれてますように、と
先日、ユニセフから絵本を送りました。
またあらためてお知らせします。
  • 2011-04-25
  • 投稿者 : まえを。
  • URL
  • 編集

[C3749] モンポウも元気です^^

わあ、気にしていただいてありがとうございます!
このまえ、またサマーカットにしました。

先日、すごくへんてこな写真が撮れたので
今度アップします。
だれだかわからないほどへんてこなショットなんですが、
       笑えます^^
  • 2011-04-25
  • 投稿者 : まえを。
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/387-a8a886dc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索