FC2ブログ

Entries

魅せられて~朝から晩まで雪だましい~





先週は一日おきに撮影があったため、準備で忙しく、
雪ルポが大幅に遅れてしまいました!
(でも書きとめます(。_。)φ)



成人式の朝。


カーテンを開けたその瞬間から、
私の魂は沸点に達し、
白い白いパッションが、天高くかけのぼりました!


みぞれが雪に!!!
\(◎o◎)/


「降ってきたよ~~~!」
「雪が降ってきたよ~~~!」



裏声でシャウトしながら、
両手を挙げて、その場をええじゃないかええじゃないか
ぐるんぐるんまわりました。


ひとしきり念仏踊りに興じたあと、
モンポウが寝ている横へとダイブ!


モンポウは、私の日々の奇声、奇行に慣れているので、
横目でこちらをちらっと見るだけ(笑)


そう、戌年のわたし、
雪に目がありません!



その日は、朝から、
高円寺スタッフのゆきちゃんと、
ゆきちゃんのお嬢さんのふうちゃんと
中華街に行く約束をしていました。


そして、みなとみらいで遊園地、
おともだちのもこちゃんのトロンボーン演奏会を見て、
夜はバニラに戻り、火鍋で新年会。


という、くまないスケジューリングの一日でしたが、

雪のために更に予定は追加になりました。

雪だるまを作らねばなりません。


(削りもせず、雨にも負けず、雪にも負けず…)


遊園地だけはさすがにお預けになってしまいましたが。



ともかく、早く家を出て、
雪景色に我を投入したい!


腕によりをかけたデラックスな重ね着で、
外へ飛び出しました。


雪をみあげるときの
私の心の擬音は、
「わんわかわんわか」です。


しんしん降る、こんこん降る、
手前の、勢いのある白。

あとからあとから…
わんわかわんわか…


音が空に吸いとられて、
白いアニメーションに、
ただただ目を胸を奪われます。


傘もささず、口を開けて徘徊。


パッと見、そこそこ怪しい。


写真をとったり、
ぐるぐる歩き回って、
駅に着くまでに、
髪と顔はびしょぬれに。


しかし、相当なアドレナリンが放出されたらしく、
ホカロンも貼り忘れたのに、
ぽっかぽかです。


中華街駅で待ち合わせた二人と、
目指すは悟空茶壮。


足元はぐずぐずの雪で、
横殴りの強い風が、冷たいつぶてを吹き散らかしていきます。


あまりの雪に前が見えません。


当たり前のように、
中華街はがらがら。


私が風にあおられるたびに、
ジェットコースターに乗ってるような派手な声をあげるため、
ふうちゃんが
「もしかして、まえをさん、雪が好きなの?」
とストレ~トな質問を。


「わかる?」(*´∇`*)ゞ!?


白い祝福にまみれて、
悟空茶壮、たどりつきました。

中国茶がずらり。
茶器もずらり。
雰囲気のある店内もがらーん…


二階のテーブル席はそれでも三客目でした。


しゅんしゅんコポコポ、
湯気とお湯の沸く音。


落ち着いたシックな内装に、
窓の向こうの雪が、
札幌のカフェ森彦さんみたいです。


厚みのある硝子に、
降りしきる雪。

世界にここだけ取り残されたスノードームみたいでした。


おいしい飲茶に、冷えた指をあたためて、

「今日は朝からほんとに大当たりだね!」

なごやかなひととき。


そこへ妹から電話が。


「ちょっと!ほんとに今、中華街にいるの!?ι(`ロ´)ノ」

「信じられない!
ニュース見てるの!?
電車もどんどん止まるのに、なんでこんな日に、
ゆきちゃんとふうちゃんもいい迷惑だよ!」

「今すぐ引き返すこと!
ただちに戻ってくること!」

ι(`ロ´)ノ


今日が大当たりかと思っていましたが、
今日が大外れと思う人もいるんですね…
(初めて目が覚める)


「電車が止まったら、観覧車に泊まろうね、
キヒヒ(。-∀-)」

ふうちゃんによからぬ耳打ちをしながら、
ご飯を食べてから、それでも駅に戻りました。


中華街からみなとみらいへ移動。
普通に動いています。


みなとみらいで降りたまさにその時、

ここで運転見合せます、
とアナウンスが。


JRも全て運休と放送があり、
駅にいても仕方ないし!
と、演奏会へ向かいました。


トロンボーン9人編成による コンサート。


いつもかわいいカジュアルなもこちゃんが、
黒いシャツ黒いパンツにトロンボーンを構えて、
HOWスタイリッシュ!


クラシックだけでなく、
嵐や美空ひばりを管楽器の多彩なアレンジで聞かせてくれました。


外が銀世界と思うと、
ホールが異空間に思えて、
遠い離れに運ばれた想いで聞き入りました。


演奏会が終わると、
神の采配に感謝、
ちょうど電車が動き始めていました!


トントン拍子に渋谷に流れて、
車窓からは止んでいたと思われる雪が、
渋谷駅に着いたらまた本格的に降りを強めていて、

「わあ(*≧∀≦*)雪だ~~~~~!!」

と両手を広げて声をあげると、
演奏会で合流した友人から、

「いや、ここにいるみんな知ってるから!」( ロ_ロ)ゞ

となだめられました。


新年会に合わせて、
福島から元スタッフのあやこちゃんも来ていたため、
せっかくだから、と、集まれる面々で、
新年会決行となりました。
(妹に怒られることうけあい)


バニラに着くと、
なんたる豪雪!!

都心の積雪、15センチはくだりませんけど!?


店の前は猛烈に吹きだまっています!

バニラの立地は、
ちょうどビルのすきま風が直撃するらしく、
佐川の兄さんたちも、
なんですか、ここは・・・(;´Д`)と
あきらかに商店街の中で抜きん出た
雨風の脅威を体感していると言います。


そんなひときわ激しい風雪じょんがら(?)の中で
あやこちゃんとデザイナー及川さんと
雪かきand雪だるま製作を…!


いや、ほんとに店の前で遭難するかと思うほど、
過酷な風と雪でした(>_<)

二人にはほんとに申し訳なかった…(>_<)
北国育ちのおふたりの、雪かきの手際に感服いたしました。


コートの裏地までびしょびしょになるほどの雪の中で
作り上げた、くまとうさぎの雪だるまです。
どうぞご覧ください。


途中、
「まえをさん、頬が赤すぎます!」
とみんなに言われ、

右ほほに我ながら違和感を感じて、
触ってみると、
細胞があらぬ硬度ではりつめています。


(|| ゜Д゜)


この固さ、この感触に覚えあり…!


二十代の頃にも、
雪に顔型をつけすぎて、
帰宅してから温度差で
顔が板みたいにカチンコチンになったことがあったのです!


皮膚と思えぬ尋常じゃない硬さに、
半べそで救急ダイヤルをまわし、

「どうしたらいいか教えてください…(;_;)」

と泣きついたら、

「あたためもせず、
冷やしもせず、
よく揉むことです」

と教えていただきました。


二十年たって、またこの危機を迎えるとは。


あの日の教えに基づいて、
ともかく揉みほぐし、
ほどなくカチンコチンから解放されました。


そんな高円寺南極物語を経て、
ありついた火鍋のありがたさ!
(;つД`)


ともかく朝から晩まで、
がっつりと大雪と向き合った一日でしたが、
一週間経っても、風邪ひとつ引かず元気にやっております。


巻き込んだ皆さま方には、
本当に御詫び申し上げます…


ああ、やっと書き終えた…!!
次の雪が控えてるらしいですね…
既にワクテカ…( 〃▽〃)

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/558-735ac5ad
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索