Entries

硝子細工の夏





高田みずえ風の洒落たタイトルで失礼します。

お暑うございます。

バニラチェアも、涼を求めて、
真ん中のテーブルに、
ガラスのタンブラーなど並べてみました。


乳白色の模様がやさしく浮かんだ
大正浪漫硝子。

大正時代に使われた技法で
熟した金型にガラスを吹き込んで
この模様が編み出されるというもの。


日本で唯一、生産できる歴史あるもの、
と、説明書にありました。


このグラス、
何年も前から、ずううっと気になっていたのです。


このミルキーな透け感で描かれる水玉。

みずの底で屈折して織られたような花模様。

ちょっと高野文子の世界。


呑める方は冷たいお酒があうのでしょうかね。

わたし、
全く呑めないので、
日本酒と焼酎の差がいまいち、判らず。

それらに合う器もいまいち、判らず。

そういったサイズや素材のTPOみたいなもの、
あるんですよね、恐らく。


私なら、この大正浪漫硝子、
ものすごい濃厚な林檎ジュースをくいっとやりたいです。


おさじを添えて
牛乳寒天も合いそう(^_^)


柄違いのペアもすてきです。各2625円


札幌のガラス作家さん、
アクアベリルさんのネックレスも、
この時期おすすめです。


ちいさなガラスにお花が浮かんで、
藤代清治の影絵のようです。


可憐で、涼やか。

胸元にころんと一粒、涼しいアクセントに。

各色4200円です。


タンブラーはすり硝子のやさしい風合いのものが入荷。
各1050円


細かな氷粒の結晶のようで、
そこから滲む夢の中の景色のようで、
すり硝子ってすきなんです。


夏の暮らしに、ぜひ取り入れてみてくださいね。



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/595-6c11d5ef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索