Entries

昭和強化月間~宝石箱~






阿波おどりが終わって
高円寺も秋へシフトしていってる感じです。


恒例の綿菓子で、我々も燃えつきました(笑)

ご来店頂いたみなさま、
ありがとうございました。


今回のブログは、
私の趣味にひたすら向き合う内容となっております。


昭和強化月間といっておきながら、
8月が終わってまうので、
あわててアップします。

といっても、
毎月、いいえ、毎日が、
あの頃のまま、
私のハートはストップモーション。

昭和の86年辺りで止まっています。


よく、昭和歌謡を懐メロ、と言いますが
私にとっては、懐かしくもなんともないのです。

毎日のように
おニャン子や島田奈美や畠田理恵を聴いている女には。

伊代ちゃんちえみちゃんを
30年聴き続けている女には。


あいだ空かしたことがないので、
懐かしむという感覚がなく、
心のまん真ん中に昭和歌謡が
たおやかに流れ続けているのです。


先月、川越美和のブームが
自分のなかだけでそっと訪れて
それはむしろ、懐メロじゃなく、
新曲って感じでした。


そんな私がずっと気になっていた喫茶店がありました。

喫茶宝石箱。


ピンクレディがコマーシャルに出ていた
アイスクリーム『宝石箱』
覚えていらっしゃいますか?


大人っぽい漆黒の箱にバニラアイス、
そこにちりばめられた
クラッシュしたフルーツ味の氷がキラメク…


小学生の頃流行ったんですよね。

コマーシャルソングはピンクレディーの『キャッチリップ』

ああ、つめたいやけどもー
ああ、あるもーのよー♪

女児からしたら
ちょっと特別な感じの、
ワンランク上のアイスでした。


そのアイスを食べさせる店があると。

そこには、昭和の時間が流れていると。


明星、平凡はもちろん、
オリーブやマイバースデーや、
当時の手芸本などもあるらしい!


千歳烏山にあるという『宝石箱』

ついに夢かなって、行ってきました!


ちょうちょのおさじのあやこちゃん夫婦と
よりによってなゲリラ豪雨の日に。


大きなピンクレディーのポスターが迎えてくれる店内には
沢山のブロマイドがずらり。

善き時代の顔ぶれが並んでいるのを見ると
ただただお礼が言いたくなります。


ジュリー、キャンディーズ、
マッチや聖子ちゃんに紛れて、
柳沢慎吾が数枚(笑)


ちょこっとしたレトロな小物もお買い物できます。


壁にはクドカンご一行、みたいな面々のサイン色紙が。

山崎トオルちゃんが、すてきなお店ね!
とひとこと添えてました。


私が感動したのは、その蔵書群です!

美内すずえセンセが珍しく
『なかよし』に書き下ろした
『妖鬼妃伝』

歴史ロマン調恐怖漫画でした。


地下鉄と百貨店を舞台に
雛人形が怨みの形相で執拗に迫り来る

そんな内容だったような。


小学生の頃、新宿近くに住んでいたので
京王線で京王デパートに遊びに行ったものでした。

この漫画はそのテリトリーとリンクして
私のシンのゾウを震え上がらせたものです。

また、いがらしゆみこセンセの
『まみむめ見太郎』


こここ、これはこれは。

悶絶するほど懐かしい!
(気絶するほど悩ましい風)


たしかまみちゃんとむめちゃんという
双子のかわいこちゃんが主役。

そこにブラのサイズをあてれるとかなんとか、
弓月光的な特技をもつ男の子・見太郎との三角関係だったような。


これはなかよしの付録コミックでしたよね?
と、同世代のみに投げ掛けてみる。


35年ぶりくらいに見ても
覚えているものですね。


昔は、次の号がでるまで、
雑誌も漫画も繰り返し読んだものです。

伊代ちゃんのように読み捨てたりはしなかったわ。

小学生時代は特に、
おこづかいの半分をつぎ込んで買った一冊に
愛も情もこもるってもんです。


私は『なかよし』派だったので、
この2冊にメラメラしちゃいました。


中学になって、買い始めた明星は、
今でも歌本が手元にあるのですが、
平凡のほうはあんまり読んでなかったので、
丁寧にじっくり読みました。


昔はアイドルのスケジュールも
(どこまでほんとか知りませんが)
おおっぴらだったんですね~


いやいや
少年隊のデビュー前は
中村繁之がこんなに忙しかったとは。

感慨深い。


降りしきる雨のなか、
3人で貸切状態の喫茶室は
まさに夢の図書館。

貴重な資料を黙々とアサリ続けるのでした。


ほかにも、ミニレディー百科が揃っていて
望郷にちかい想いで
溺れそうになりました。


先程紹介したアイスクリームの宝石箱は
メーカーさんで復刻が終了して、
もうメニューにはないそう(。>д<)

残念!


色んなお菓子が復刻しているので
宝石箱もキャデリーヌとかもお願いします!


雨上がり、傘を閉じるように
昭和の記憶を畳んでの、帰り道。

広告や流行歌、
なにげなく触れてきたものたちが、
心のなかで動かしがたい層を作っていくんですよねえ。



流行りすたりも愛でたくなります。


人生の半分が昭和だったけれど、
平成に追い抜かされてきた2013年です。

でも私はこってりと平和で良心的な
昭和生まれを誇りに生きていく。


スポンサーサイト

2件のコメント

[C4078] 喫茶宝石箱、店主です。

こんにちは。
悪天候の中、わざわざ当店へのご来店、そしてブログで御紹介をして頂きまして本当に有難うございます!
(数日前、偶然見つけました。)
店をこんなに楽しんで頂きまして、とても嬉しいです。
店に置いている漫画や物は、昔自分の心をがしっと掴まれた物や、心に微かに引っかかっていた物で、ご縁あって再び手に入れられた物等並べております。置いている物がかなり偏っていますが、こんなにも感激して頂けて、こちらまで感激しました。
お仕事でお忙しい日々かと思いますが、お時間ございましたらまた是非遊びにいらして下さい。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
  • 2013-09-28
  • 投稿者 : 喫茶宝石箱/ナオミ
  • URL
  • 編集

[C4080] 喫茶宝石箱ナオミさま

わー、コメントありがとうございます!
お返事遅くなり、すみません。

勝手にブログに繰り広げてしまい、
ご連絡したほうが良いかも?と思っていましたが、
見つけていただき、ありがとうございます^^

ほんとにすてきなひとときでした。
ミニレディ百科の状態のよさにも感激でした。
ほかの友人も皆興味津々ですので、
また折を見て伺いますね~!
私もちょこちょこと、おかどちがいな昭和な雑文を、
店主ブログなのにあげてますので、
覗いてみてください^^

ありがとうございました。
  • 2013-10-04
  • 投稿者 : vanilla chair まえをけいこ。
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/615-7b24a1fb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索