Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/646-926d40f9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ハッピーマイバースデー






ふりかえりのブログですが、
先週13日、
誕生日を迎えました。


妹の力作!お手製ケーキ、
友人からのお祝いケーキ、
いく先々で、
スウィーツなひとときを堪能しました。


一歳、記憶違いをしていたため、
すでに歳をとったつもりで2013年を過ごしていたことが、
元旦に明らかになったのですが、

晴れて本当のゾロ目になりました。



誕生日の日は、
私の親友の三回忌の法事の日でした。


おととしの13日は
誕生日と告別式が重なり、
はりさける想いで、報せを承けました。



運命がはっきりと隔てた残り時間に、
いやでも対面させられて、


なぜなのか、
なぜ彼女なのか、
なぜ今なのか、


ずっと繰り返してきた、
暗雲のような想いは、
溢れても溢れても止みませんでした。


どん底の私に、妹から来たメールには、


お姉ちゃんの大切な日に
みかちゃんを見送るなんて、
お姉ちゃんとみかちゃんは、
よほど縁があるんだなと思ったよ、


と書いてあり、

心が少し救われました。


みかと知り合った中学のときから、
お互いに物書きを目指して、
段ボールにおさまらないほどの手紙をやりとりしてきました。


打ち明けあった長い時間を手繰れば、

必ずなにかを託されてると、
今も確信します。


今年の誕生日は、
みかと一緒に過ごせるんだな、と思ったら、
穏やかにお天気をお祈りする気持ちになりました。


お寺での読経の時に配布された読本に

いつか必ず会う

というページがありました。


去年の法事の日にも、
このページが気になって
そこばかり何度も読んだのですが、

今年は、お坊さんが取り上げて読んでくださって、
みかもここが好きだろうな、と思いました。


みかは若い頃に婚約者を亡くしていて、
ずっとずっと
その愛すべき(あえて)呪縛から
離れようとはしませんでした。


新しい時間はもちろん流れて、
みかの毎日も少しずつ形を変えていったけれど、

私達は人生の一部を、
どうにかしてとどめようと、

一から十までを書き続けました。



忘れられなくて悲しい、

が動かしがたいものになったころ、

ゆっくりと時間は、
別の情緒をもたらしました。


薄れることの罪悪感、喪失感は、
最初の悲しみの上を行くものでした。




彼を忘れないために、


からやがて、


彼を忘れたくないと、
心から思っていた自分を確かにするために。

いつか、時間を許すために。


たとえば10年かけて、
始まって終わるまで、
心の息遣いは長い。


そこからまた始まって終わるまで。
ちゃんと時間を許すために。



100%のやさしさから出たものでも、

忘れた方がいいという言葉に、
傷つく人がいるうちは、

思いやりをとりちがえてはいけないと、
みかの隣で思い知りました。


最後まで悲しいひとのために、
まわりができることは、

受け止めてくれるまなざしとか、
背中をさすってくれるあたたかいてのひらとか、
いざというときに
寄り添ってあげられる時間。くらいです。



私は一緒にいるだけでした。



2年の闘病の間に、
みかは結婚をしました。


小学校からの同級生。


もちろん、過去を全て知っています。



みかの好きになる人はよく似ている。

優しくて人懐こくて、
みかのことを大好きな人。


みかの部屋に飾ってある
19歳のままの彼の写真を見て、

飾ってくれてありがとう!


屈託なく喜んだ彼は
愛あふれる大物です。


(彼らは幼馴染みでもある)



いつか必ず会う

を読み返し、思いました


みかがどんな再会を果たしたか。



心のはかりの一番底から天辺まで使いきって

一秒もくまなく生きてきたみかに、
足りなかったものなんてなかった。



会いたかった人に、会えたと思う。



用意されてたのは、
あの頃の私達がいつか知りたかったものだった?



みかの記憶の、
その完璧な砂絵のはじっこから

僅かに僅かに削られた向こうに
新しい景色が、用意されていたこと。


みかはちゃんとわかって、
最後まで向き合って、
最後まで見届けたんだと思います。


いつか必ず会う、
という約束は、

みかを愛する人達に
手渡されたところ。



何十年も先でいいから、
みかに会わせてあげたい人がいます。



今年は、
少しでもものを書きたいな、と、
私が持っていける手紙の束を厚みあるものにしよう、と
思う誕生日なのでした。


ハッピーマイバースデー!

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/646-926d40f9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。