Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C4148] 雪招き・・・・

上富良野町では4日夜から5日未明にかけて積雪がありました。 それも温泉旅館のある山あいでの出来事。 
過去30年の間にかつてなかった天候だったみたいですね。
雪に埋もれたタンポポを観ながらの露天風呂なんて、オツ通り越してめずらしいだけなのかも・・
まえをさん。が北海道にいらしたからこそって、そう思うようにしています~
  • 2015-06-06
  • 投稿者 : no Account
  • URL
  • 編集

[C4149] たんぽぽちゃんとスノーちゃん

まああ。富良野で雪!!
たんぽぽにかかる白雪なんて、生涯お目にかかれるかわかりませんね。
自然のリズムが歩幅を変えてくれるときの、思いがけない光景も、天然の贈り物ですねー…
  • 2015-06-07
  • 投稿者 : vanilla chair まえをけいこ。
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/729-c783dff7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

みどりのクローバーの人





わたしの千歳巡り。


第2章へ続きます。


宿泊した水の謌は
ほんとにモダンな空間でした。


中庭はなんのコンペかと思うほど
青々した芝生に
満開の八重桜が散り
紅葉した枝と新緑が隣り合って
美しいカオスを展開。


ドライブの道すがら
菜の花畑もまっ盛りで。


まさか桜に逢えるとは!

もう一度来た春を堪能。


水の謌さんのメインフロア、
大きな暖炉が迎えてくれます。

丸窓に積まれた薪が
重厚なインテリアに
一役買っています。



日中は初夏の陽気でも
さすが北国。

ひんやりする夜には
パチパチ炎に
マシュマロかざして楽しみました。



島田先生とお嬢さんが
肩を寄せて
マシュマロくべてる姿。
絵画のようでした。


冬に訪れても格別でしょうね。


石使いの壁に影が揺れ
柱や床の色や素材あわせが
とっても落ち着くのでした。


お部屋の露天風呂からは
たおやかな湯気と
濃厚な闇と無数の星。


母と二人の時間に感謝です。



わたしは千歳前夜、
体調崩して深夜2時まで
かなりなグロッキー風情でしたが

不思議と向こうについたら
胃痛が遠のきまして。



朝食ブッフェが素晴らしすぎて
なんと
ごはんを3杯もおかわりするという
年甲斐もないパフォーマンスを(笑)


やかましやの妹が説く
ブッフェの掟。


ーまず全体を把握すること。



その教えをすっかり忘れ
気の向くままに盛りつけたあと
見落としゾーンを
2ヶ所も発見!

( ̄O ̄)こここんなものが。



おらぁ土地のものだよ…


いくらや鮭が
さんざん手招きしています。


小さいストーブで各テーブルに
炊きたてごはんがサーブされ

海苔一枚が語りだす!

お漬け物が
愛しいったらありゃしない!


そこへ来てサラダまわりの
プチトマトとオリーブの
かつてないフレッシュネスぶり。




もう。

立ち上がれないかもしれない。



ほれ見たことか………
まず一周しろと…………
計画的に…
計画的に…
計画的に………



妹の声が夢の中のお告げのように
満腹中枢に反響するのでした。


はっ。

こんな欲深いくだりに
時間をかけすぎました。


翌朝、
お庭に広がる白つめくさに
声をかけながら
例のごとく四つ葉探しをしていた私。


四つ葉さーん
四つ葉さんいませんか?


ところがなかなか目が合わず。



千歳の四つ葉さんはいますかー?
千歳の四つ葉さんはどこですかー?

名指しで顔を寄せていると


「四つ葉のクローバーですか?」


後ろから声をかけられ
飛び上がるほどびっくり!!


送迎車の運転手さんのようです。


(ききききかれた!)


怪しさをかきけすように

「でも今日はなかなか。おほほほほ」
とワラゴマ(昭和用語)する私に

にこにこ笑顔で
しばらく四つ葉探しに
つきあってくれたのでした。


結局見つからないまま
おいとましたのですが

チェックアウトのあと
駐車場で

どうぞ、と手渡されたのは
紙に挟まれた四つ葉!



「ありましたよ」



声がひっくり返るほど
感激の贈り物でした!


これこそが
まごころのプロフェッショナル…



人からいただく四つ葉。
ひさしぶりでした。


ほんとうにありがとうございました!



語感は悪いですが
タイトルは
紫の薔薇の人になぞらえて(笑)


「探し物はこちらですか?
おちびちゃん」


こんな真澄調の台詞が
浮かんでは消えて行くのでした。

(消えてよし)



わたしの千歳ブログ第2章
このへんで。。。


スポンサーサイト

2件のコメント

[C4148] 雪招き・・・・

上富良野町では4日夜から5日未明にかけて積雪がありました。 それも温泉旅館のある山あいでの出来事。 
過去30年の間にかつてなかった天候だったみたいですね。
雪に埋もれたタンポポを観ながらの露天風呂なんて、オツ通り越してめずらしいだけなのかも・・
まえをさん。が北海道にいらしたからこそって、そう思うようにしています~
  • 2015-06-06
  • 投稿者 : no Account
  • URL
  • 編集

[C4149] たんぽぽちゃんとスノーちゃん

まああ。富良野で雪!!
たんぽぽにかかる白雪なんて、生涯お目にかかれるかわかりませんね。
自然のリズムが歩幅を変えてくれるときの、思いがけない光景も、天然の贈り物ですねー…
  • 2015-06-07
  • 投稿者 : vanilla chair まえをけいこ。
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vanillachair.blog70.fc2.com/tb.php/729-c783dff7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

PROFILE

vanilla chair まえをけいこ。

Author:vanilla chair まえをけいこ。
絵本作家、雑貨作家、
高円寺雑貨店vanilla chairバニラチェアー店主。
オリジナルベビー服のデザイン製作、雑誌のスタイリング、店舗プロデュース、ディスプレイ等幅広く手がける。
愛犬モンポウを溺愛、並びに昭和アイドルをこよなく愛する一面も。

NEW ENTRIES

ARCHIVES

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。